スライドの背景を消す(背景の非表示編)

解説記事内の画像はPowerPoint 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2019, 2016, 2013
  • Office 365
Office 365は、バージョン1908と、バージョン2002で動作確認しています。

スポンサーリンク

スライドの背景を消したい 「フォント」や「配色」を重視して選んだテーマだけれど、背景は無い方がいいので、全てのスライドから背景を消したい!ということや、他のスライドではむしろ背景があった方がいいのだけれど、このスライドでだけは背景を消したい!ということがあります。

スライドの背景を消す 文書内の全てのスライドから背景を消したい場合にしろ、一部のスライドだけから背景を消したい場合にしろ、背景を消すには2つの方法があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

    背景を非表示にする方法(このページでご紹介する方法)

  • 操作が簡単
  • スライドのデザイン元である、スライドマスターやレイアウトマスターに設定されている画像を、文書内の一部のスライド、または全てのスライドで非表示にする操作なので、そのマスターに会社のロゴなどの画像も設定されていた場合、それらも非表示になってしまう。

    スライドマスターやレイアウトマスターで消す方法

  • スライドマスターや、レイアウトマスターの概念が分からないと、頭が混乱する
  • マスターに設定した会社のロゴなどの画像は残したまま、背景だけを消すことができる。

操作の簡単さは、このページでご紹介する背景を非表示にする方法ですが、自由度が高いのは、スライドマスターやレイアウトマスターで消す方法。
私は、自由度の高いスライドマスターやレイアウトマスターで消す方法を使うことの方が多いですが、それぞれのメリット・デメリットを加味して、ご自分に合った方法をお使いいただければそれでOKです。

スポンサーリンク

文書内の一部のスライドだけ背景を非表示にする

スライドを選択 まずは背景を非表示にしたいスライドを選択します。
背景を非表示にしたいスライドが複数ある場合には、「スライドの選択と複数選択」でご紹介している方法で、複数のスライドを選択します。

[デザイン]タブ [デザイン]タブ、

[背景の書式設定]ボタン [ユーザー設定]グループの[背景の書式設定]ボタンをクリックすると、

[背景の書式設定]作業ウィンドウ 画面右側に[背景の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。

[背景グラフィックを表示しない] [背景グラフィックを表示しない]にチェックを付けると、

スライドの背景を非表示にした 選択したスライドの背景を非表示にすることができました!

作業ウィンドウの[閉じる]ボタン 背景を非表示にした後は、作業ウィンドウは閉じてしまってOKです。


スライドマスターに設定した画像 この操作は、スライドのデザイン元である、スライドマスターやレイアウトマスターに設定されている画像を、選択したスライドで非表示にする操作なので、マスターに会社のロゴなどの画像も設定されていた場合、

スライドマスターに設定した画像も非表示になった それらも非表示になります。

すべてのスライドで背景を非表示にする

スライドを選択 背景を非表示にしたい文書が開いていれば、どのスライドが選択されていても構いません。

[デザイン]タブ [デザイン]タブ、

[背景の書式設定]ボタン [ユーザー設定]グループの[背景の書式設定]ボタンをクリックすると、

[背景の書式設定]作業ウィンドウ 画面右側に[背景の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。

[背景グラフィックを表示しない]と[すべてに適用]ボタン [背景グラフィックを表示しない]にチェックを付け、作業ウィンドウ一番下にある[すべてに適用]ボタンをクリックすると、

すべてのスライドの背景が非表示になった すべてのスライドの背景が非表示になりました!
[標準]表示モードでは、画面左側のスライド一覧を見ると、すべてのスライドの背景が非表示になったことが分かります。

作業ウィンドウの[閉じる]ボタン 背景を非表示にした後は、作業ウィンドウは閉じてしまってOKです。


スライドマスターに設定した画像 この操作は、スライドのデザイン元である、スライドマスターやレイアウトマスターに設定されている画像を、全てのスライドで非表示にする操作なので、マスターに会社のロゴなどの画像も設定されていた場合、

スライドマスターに設定した画像も非表示になった それらも非表示になります。

スポンサーリンク

非表示にした背景を再表示させるには

スライドを選択 文書内の一部のスライドだけ背景を復活させたい場合には、復活させたいスライドを選択します。
復活させたいスライドが複数ある場合には、「スライドの選択と複数選択」でご紹介している方法で、複数のスライドを選択します。

スライドを選択 文書内のすべてのスライドの背景を非表示にしていて、それを復活させたい場合には、どのスライドが選択されていても構いません。

[デザイン]タブ [デザイン]タブ、

[背景の書式設定]ボタン [ユーザー設定]グループの[背景の書式設定]ボタンをクリックすると、

[背景の書式設定]作業ウィンドウ 画面右側に[背景の書式設定]作業ウィンドウが表示されます。

[背景グラフィックを表示しない] [背景グラフィックを表示しない]のチェックを外します。
選択したスライドのみの背景を復活させたい場合には、この操作だけでOK。
ただ、この操作だけで選択したスライドのみの背景が復活しない場合と、文書内のすべてのスライドの背景を復活させたい場合には、次の手順も行います。

[背景グラフィックを表示しない]と[すべてに適用]ボタン さらに作業ウィンドウ一番下にある[すべてに適用]ボタンをクリックすると、文書内のすべてのスライドの背景が復活します。
この前の操作で、選択したスライドのみの背景が復活しなくてこの操作まで進んだ方は、再び文書内の一部のスライドだけ背景を非表示にする操作を行い、選択したスライドのみの背景が非表示になるよう設定し直します。

スポンサーリンク