区分線で積み上げ系の棒グラフを比べやすく

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013
  • PowerPoint 2016, 2013

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線01 積み上げ縦棒グラフや、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線02 100%積み上げ横棒グラフといった、積み上げ系の縦棒グラフや横棒グラフに、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線03 こういった線を追加して、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線04 違いを分かりやすく、比べやすくすることができます。
この線のことを、区分線と言います。

区分線を追加するには

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線02 それでは早速、グラフに区分線を追加設定してみましょう。
グラフ編集操作の覚え方【Excel 2016・2013編】」でご紹介しているとおり、今現在、グラフの中に無い部品を付け足したい場合には、

「グラフに部品を付け足したい」場合には、「グラフエリア」を選択し、[グラフツール]の[デザイン]タブを使う

がお約束なので、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線05 「グラフエリア」を選択し、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線06 [グラフツール]の[デザイン]タブをクリックします。
そして、[グラフのレイアウト]グループ、[グラフ要素を追加]ボタンをクリックすると、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線07 グラフ中に何を付け足したいのかを一覧から選べます。
今回は「区分線」という「線」を追加したいので、[線]にマウスポインタを合わせ、更に表示された一覧から[区分線]をクリックすると、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線04 グラフに区分線を追加することができました!
ちなみに区分線は、積み上げ系の縦棒グラフや横棒グラフに設定できますが、あくまでも2-Dの平面的なもののみで、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線08 このような3-Dの立体的なグラフには追加できません。
設定しようとしても、

棒グラフをつなぐ線を追加、区分線09 ボタンが押せなくなっているので、積み上げ系のグラフといえども、3-Dの立体的なグラフには、区分線は設定できないことが分かります。

スポンサーリンク