自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007

自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除05 セルに、最初のいくつかの文字を入力するだけで、同じ列にあるデータを候補として表示してくれる、簡単入力機能「オートコンプリート」。

でも、「かえって候補が表示されるのが邪魔!」という時には、オートコンプリートを解除して、候補が表示されないようにできます。

自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除01 【Excel 2013・2010】
[ファイル]タブをクリックし、

自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除02 【Excel 2013・2010】
[オプション]をクリックします。

自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除04 【Excel 2007】
[Officeボタン]をクリックし、[Excelのオプション]をクリックします。

自動で入力を手助けするオートコンプリートの設定解除03 【Excel 2013・2010・2007】
ダイアログボックスが表示されるので、その左側で[詳細設定]をクリックすると、右側に設定項目がズラッと表示されます。
[編集設定]の、[オートコンプリートを使用する]のチェックを外し、ダイアログボックス右下にある[OK]ボタンをクリックします。
これで、オートコンプリートの設定を解除することができました!

スポンサーリンク