途切れた折れ線グラフをつなぐ(補間する)

解説記事内の画像はExcel 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007

串刺し集計の操作画像01 折れ線グラフを作ったら、途中で途切れてる!

串刺し集計の操作画像02 これは、グラフの元となる表に、空白セルがある場合に起こります。

もちろん、その空白セルにデータを入れれば、即効で解決なのですが(笑)、空白のままにしておきたい場合もあると思います。
そんな時は、この技で折れ線グラフをつなぐことができます!

串刺し集計の操作画像03 グラフ全体(グラフエリア)を選択した状態で、

[グラフツール]の[デザイン]タブ、[データ]グループにある[データの選択]ボタンをクリックします。
串刺し集計の操作画像04

串刺し集計の操作画像05 [データソースの選択]ダイアログボックスが表示されるので、左下にある[非表示および空白のセル]をクリックします。

串刺し集計の操作画像06 [データ要素を線で結ぶ]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。

先程の[データソースの選択]ダイアログボックスに戻りますので、これも[OK]ボタンをクリックします。

ちなみに、今回の例のような平面的な折れ線グラフではなく、3-D折れ線グラフの場合は[データ要素を線で結ぶ]は選択できません。

串刺し集計の操作画像07 グラフの途切れた部分がつながりました!

串刺し集計の操作画像08 もし、[ゼロ]を選択した場合には、

串刺し集計の操作画像09 グラフの元となるデータにあった空白セルを、0(ゼロ)とみなして途切れた部分をつなぎます。

スポンサーリンク