文書を縦書きに

解説記事内の画像はWord 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2013, 2010, 2007

文書を縦書きにの操作画像01 文書を縦書きにする設定はとっても簡単。
文字を入力する前でも、文字を入力した後でも、設定を変えられますヨ。

文書を縦書きにの操作画像09 まずは、文書内ならどこでもいいので、文字カーソルが置いてある状態にします。

文書を縦書きにの操作画像10 この時、文書内の画像や図形が選択されている状態だと、この後にご紹介するボタンがクリックできません。
画像や図形以外の、文字の部分をクリックして、文書内に直接、文字カーソルが置いてある状態にしてください。

文書を縦書きにの操作画像02 [ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループにある、ダイアログボックス起動ツールをクリックします。

文書を縦書きにの操作画像03 [文字数と行数]タブの[文字方向]で[縦書き]を選択します。
このダイアログボックスの下部には、設定をイメージする[プレビュー]がありますが、[縦書き]を選択した時点で、自動的に用紙を横長で使うように設定が変わります。
用紙を横長で使う設定で良ければ、このままダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックします。
用紙を縦長で使いたい場合には、更にこのダイアログボックスの、

文書を縦書きにの操作画像04 [余白]タブをクリックし、[印刷の向き]で[縦]を選択すればOKです。
でも、今回は[印刷の向き]は[横]のままで[OK]ボタンを押してみることにします。

文書を縦書きにの操作画像05 文書を縦書きに設定することができました!
用紙を横長に使うべく、[印刷の向き]は[横]になっていることも確認できます。

今回は、ダイアログボックス起動ツールをクリックして表示された、[ページ設定]ダイアログボックスで設定しましたが、

文書を縦書きにの操作画像06 同じく[ページレイアウト]タブ、[ページ設定]グループにある、[文字列の方向]ボタンをクリックし、

文書を縦書きにの操作画像08 表示された一覧から、[縦書き]を選択しても設定できます。

[文字列の方向]ボタンで設定しても、もちろん、用紙を横長で使うよう、自動的に印刷の向きの設定が変わってしまいます。

文書を縦書きにの操作画像07 用紙を横長で使うのか、縦長で使うのかという、印刷の向きの設定を変更したい場合には、これも、[ページ設定]ダイアログボックスだけでなく、[印刷の向き]ボタンを使っても設定できます。

さて、このページの冒頭では、「縦書きの設定は、文字を入力する前でも、文字を入力した後でも、設定を変えられます」とご説明しています。
でも、文書内に画像などを入れて、様々なレイアウトを施し、ほぼほぼ完成♪、という時点で縦書きに変更すると、その設定がそのままスッキリ縦書きに変わることはなく、大きくレイアウトが崩れてしまいます。
なので、縦書きへの設定変更は、「文字を入力する前」や、「文字を入力した後、書式設定や画像を挿入する前」といった、なるべく早い段階で設定してしまうのがオススメです。

スポンサーリンク