スライドのサイズを4:3や16:9にする

解説記事内の画像はPowerPoint 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2016, 2013

PowerPointのスライドは、完成後「何に映し出すのか」によって、予めスライドのサイズを設定して作ります。

スライドのサイズを4:3や16:9にする01 例えば、16:9のスクリーンに映し出して使うなら、スライドも16:9のサイズを、4:3のスクリーンに映し出して使うなら、スライドも4:3のサイズを設定して作ります。

スライドのサイズを4:3や16:9にする02 タブレットに映し出して使うなら、そのタブレットが16:9なのか、4:3なのかを確認した上で、そのサイズで作る、といった具合です。

本来、この操作は、新規作成時の、スライドに文字や画像を入れるといった、内容を作り込むにするのが理想です。
ですが、既に作成してある文書でも、スライドのサイズを変更できます。
ただし、この操作によって、グラフや画像など、さまざまなもののサイズも連動して変わったりしますので、既に作成してある文書のサイズ変更をする場合には、あらかじめバックアップをとっておくことをおすすめします

[スライドのサイズ]ボタン

スライドのサイズを4:3や16:9にする03 それでは早速、操作していきましょう!
新規作成時でも、

スライドのサイズを4:3や16:9にする04 既に作成してある文書の場合でも、サイズを設定したい文書が表示されていれば、何枚目のスライドが表示されていても構いません。

スライドのサイズを4:3や16:9にする05 [デザイン]タブ、

スライドのサイズを4:3や16:9にする06 [ユーザー設定]グループの[スライドのサイズ]をクリックし、

スライドのサイズを4:3や16:9にする07 16:9にしたいなら[ワイド画面(16:9)]を、4:3にしたいなら[標準(4:3)]をクリックすれば、その文書内のすべてのスライドのサイズを変更することができます。

スライドのサイズを4:3や16:9にする08 ただし、スライドのサイズを選択した後、このようなダイアログボックスが表示された場合には、次の章以降でご紹介する具体例を参考に、サイズ変更後の自分の手間が少なそうな方を選びます

スライドのサイズを4:3や16:9にする08 この選択肢が出るか出ないかは、PowerPoint様が自動で判断して表示してくれるものなので、出なければそれでOK。
選択肢が出なければ、スライドのサイズ変更は完了ということになります。

サイズ変更時の[サイズに合わせて調整]とは

スライドのサイズを4:3や16:9にする09 それでは具体的な例として、現在16:9のサイズになっている文書を、4:3に変更する場合を見てみます。
この文書には、スライドいっぱいの大きさで、画像やグラフが設定されています。

スライドのサイズを4:3や16:9にする23 これを4:3に変更しようとした際に、

スライドのサイズを4:3や16:9にする10 選択肢が表示されました。
[サイズに合わせて調整]を選択した場合には、

スライドのサイズを4:3や16:9にする11 サイズ変更で狭くなってしまったスライドに収まりきるよう、スライド内の画像やグラフも自動的に縮小してくれます。
ただ、画像やグラフが小さくなったことで、スライドに隙間ができてしまうという欠点もあります。
できてしまった隙間のせいでスライドが貧相に感じられるのなら、この隙間を文字や図形などで埋めなければならないので、その手間がかかります。

スポンサーリンク

サイズ変更時の[最大化]とは

スライドのサイズを4:3や16:9にする09 もともと16:9で作成されていた文書を4:3に変更しようして、

スライドのサイズを4:3や16:9にする12 選択肢が表示された際、[最大化]を選択したとします。
[最大化]を選択した場合には、もとの画像やグラフの大きさをなるべく保持しようとするため、

スライドのサイズを4:3や16:9にする14 スライドが狭くなってしまった分、画像やグラフなどがスライドからはみ出してしまうものが出ます。

スライドのサイズを4:3や16:9にする15 編集画面を見る限り、スライドいっぱいの大きさになるよう挿入された画像は、一見何も起こっていないように見えますが、

スライドのサイズを4:3や16:9にする16 スライドショーで見てみると、スライドを狭くしたことで、スライドのサイズからはみ出た部分は、スライドショーで映し出されません。

スライドのサイズを4:3や16:9にする15 つまり、スライドのサイズより大きい画像が、スライドの上に乗っかっているので、編集画面ではスライドからはみ出ていることが分かりづらいだけです。

スライドのサイズを4:3や16:9にする12 [最大化]は、もとの画像やグラフの大きさをなるべく保持しようとするため、

スライドのサイズを4:3や16:9にする13 そのままではスライドからはみ出た部分が、スライドショーでは欠けて映し出されてしまうので、これを防ぐためには、はみ出してしまった部分のサイズ調整やトリミングが必要になります。
でも、もとの大きさをなるべく保持しようと、画像やグラフの大幅な縮小がないため、スライドに余計な隙間ができにくいという利点があります。
余計な隙間ができなければ、その隙間を何かで埋めなければ、といった悩みがありません。

背景画像は縦横比が変わってしまう

スライドのサイズを4:3や16:9にする17 今回、スライドいっぱいになるよう挿入された画像を例にご説明しましたが、

スライドのサイズを4:3や16:9にする19 これはプレースホルダーの[図]ボタンや、

スライドのサイズを4:3や16:9にする21 [挿入]タブの[画像]ボタンを使って挿入した画像を前提としてご説明しました。

スライドのサイズを4:3や16:9にする20 スライドの背景として

スライドのサイズを4:3や16:9にする18 設定した画像の場合は、

スライドのサイズを4:3や16:9にする08 [最大化]と[サイズに合わせて調整]のどちらを選択しても、

スライドのサイズを4:3や16:9にする22 スライドのサイズを変更した途端、画像の縦横比が変わってしまってブサイクな画像になってしまいますので、背景ではなく、改めて[画像]ボタンで画像を挿入し直して対応します。

スポンサーリンク