ガイドを使う

解説記事内の画像はPowerPoint 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2010, 2007

ガイドを使うの操作画像01 このようなデザインのスライドで作業をしていたとします。

ガイドを使うの操作画像02 スライド中に写真をいれることも多いと思います。

ガイドを使うの操作画像03 あるスライドでは、背景の縁取りのデザインがよく見えるよう、写真を少し内側に配置したのに、

ガイドを使うの操作画像04 別のスライドでは、縁取りの部分のギリギリに写真を配置・・・。

「スライドの左下に写真を配置」というのは同じでも、各スライドによって、その写真の位置が微妙に違うのはちょっぴり違和感。
そこで便利なのが、ガイドなのです!

ガイドを使うの操作画像11 スライドの何もないところで右クリック、[グリッドとガイド]をクリックし、

ガイドを使うの操作画像12 [ガイドを表示]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックします。

【PowerPoint 2010】
PowerPoint 2010では、[表示]タブ、[表示]グループの[ガイド]にチェックをつける方法もあります。
ガイドを使うの操作画像05

ガイドを使うの操作画像06 「ガイド」という目安線が、縦・横に1本ずつ表示されました!

ガイドを使うの操作画像07 縦・横のガイドは、それぞれ移動することができます。
ガイドにマウスポインタを合わせ、ドラッグするだけ。

ドラッグ中に表示される数字は、中央から何cm動いてますよ〜という表示です。

ガイドを使うの操作画像08 今回は縦・横 それぞれのガイドを、こんな所に移動してみました。

ガイドを使うの操作画像09 各スライドで、このガイドに合わせるように写真を配置すれば、各スライドによって写真の位置がバラバラ!ということは無くなります!

ちなみに、写真や図形を移動する際、ガイドに吸い付くように動いてくれるので、操作も楽ちんです!

ガイドを使うの操作画像13 もし、ガイドはもう見えなくていいです!という時には、[ガイドを表示]のチェックをはずせば、非表示になります。

【PowerPoint 2010】
PowerPoint 2010では、もちろん、下の図のようにリボンでも非表示にできます。
ガイドを使うの操作画像10

スポンサーリンク