入力すると元の文字が消える

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

入力すると元の文字が消える01 Wordでは、文字を入力すると、カーソルの位置に、

入力すると元の文字が消える02 元からある文字はそのままに、入力した文字が追加されます。

入力すると元の文字が消える03 ところが!
あるとき突然、追加で入力した文字の代わりに、元の文字が消えてしまうという事態が!
一瞬壊れてしまったのではと心配になりますが、大丈夫、これはWordの機能。
自分でも気付かぬうちに、あることをしてしまったので、その機能が有効になっただけですヨ。

原因はこのキー!

入力すると元の文字が消える01 実はこの、元の文字が消えてしまうというのは、おかしな事態ではなく、上書きモードというWordの機能。
このモードにしてから文字を入力すると、

入力すると元の文字が消える03 入力した文字が、元の文字の上にかぶさっていくので、元の文字は消えていきます。

入力すると元の文字が消える01 それに対し、既定のモードは挿入モードといい、これはご存知のとおり、文字カーソルの位置に、入力した文字が割り込むように追加されるので、

入力すると元の文字が消える02 元からある文字が消えることはありません。

入力すると元の文字が消える04 「いやいや、だからって、上書きモードにした覚えはないよ」ということになると思うのですが、原因はキーボードの[Insert]キー
キーボードによっては[Ins]となっているものもあります。
キーボードのどこにあるかは、まちまちなのですが、キーボードの右側にあることが多いです。

そしてこの[Insert]キー、押すたびに上書きモードと挿入モードを切り替えることができまして、他のキーを押したつもりが実はこのキーを押してしまっていて、意図せずモードが切り替わっていた、というわけです。
ですので、[Insert]キーを一度ポンッと押してあげれば、元の挿入モードに戻ります。

スポンサーリンク

現在のモードを画面で確認するには

それにしても、今がどちらのモードなのか、入力するまで分からない、というのだと、不便に感じる方もいらっしゃるかもしれません。
もしそう感じたら、現在のモードを画面で確認できるように設定しておきましょう!

入力すると元の文字が消える06 Word画面の一番下に、細〜い領域があるはず。
その細〜い領域の右側には、画面の表示倍率が出ていたり、

入力すると元の文字が消える05 左側にはページ数が出ていたりします。

入力すると元の文字が消える07 この、画面の一番下にある、細〜い領域全体のことをステータスバーと言うのですが、このステータスバーのところだったらどこでもいいので右クリック

入力すると元の文字が消える08 すると、このステータスバーにどんな情報を表示させるかをカスタマイズするためのメニューが表示されます。

入力すると元の文字が消える09 このメニューにある[上書きモード]の左側に、チェックがついていない場合には、モード情報がステータスバーに表示されていないということなので、クリックします。
クリック後は、キーボードの[Esc]キーを押すと、メニューを消すことができます。

入力すると元の文字が消える10 すると、モード情報がステータスバーに表示されました!

入力すると元の文字が消える11 もし、メニューを表示させたとき[上書きモード]の左側に、チェックがついている場合には、すでにモード情報はステータスバーに表示されているので、キーボードの[Esc]キーでメニューを消します。

入力すると元の文字が消える10 というわけで、ステータスバーにモードを表示させておけば、挿入モードの場合には、このように表示されますし、

入力すると元の文字が消える12 上書きモードの場合にはこのように表示されるので、[Insert]キーを押してモードを切り替えると、ステータスバーの表示も切り替わることを確認してみてください。

入力すると元の文字が消える10 また、ステータスバーにモードを表示させると、[Insert]キーで切り替える他に、このモード表示の部分をクリックしても、モードを切り替えることができます。

パソコンを使っていると、様々な出来事に遭遇しますが、一つ一つ経験を積んでいけばそれでいいので、今回のモードについても、経験の一つにしてください♪

スポンサーリンク