【Word 2007】はがき宛名印刷の試し印刷と印刷位置の調整

このページは、下記のバージョンで動作確認しています。
  • Word 2007
Word 2016・2013・2010をお使いの方は「【Word 2016・2013・2010】はがき宛名印刷の試し印刷と、郵便番号のズレを微調整」をご覧ください。

はがき宛名印刷ウィザードで宛名面の「型枠」を作ったら、下記の要領で、まずは試し印刷をしてみます。

はがき宛名印刷ウィザードが終了すると、[アドイン]タブが表示されます。
[アドイン]タブ、[印刷]ボタンをクリックし、[表示中のはがきを印刷]をクリックします。
はがき宛名印刷の試し印刷と印刷位置の調整の操作画像1

はがき宛名印刷の試し印刷と印刷位置の調整の操作画像2 [印刷]ダイアログボックスが表示されるので、[OK]ボタンをクリックします。

試し印刷をしてみて、もしズレがあるような場合には、下記の方法でズレを調整します。
ズレもなく、バッチリ!という時には、「この人の分だけ、住所を2行ではなく1行にまとめたい」といった個別対応や、本番の印刷に入ります。

印刷位置の調整

試し印刷が終了して、ズレがあった場合には、印刷位置の調整をします。

同じく[アドイン]タブの、[レイアウト]ボタンをクリックします。
はがき宛名印刷の試し印刷と印刷位置の調整の操作画像3

はがき宛名印刷の試し印刷と印刷位置の調整の操作画像4 ダイアログボックスが表示されるので、まずは[印刷位置の調整値を保存する]にチェックを付けます。
更に、[縦位置][横位置]に数値を設定して、今現在どんな風にズレちゃっているのか、ズレ具合をこのダイアログボックスで再現します。
それぞれマイナスの数値も設定できます。 [OK]ボタンをクリックします。

印刷位置を調整したので、再度、一番最初にご紹介した方法で試し印刷をしてみます。
ズレもなく、バッチリ!になったら、「この人の分だけ、住所を2行ではなく1行にまとめたい」といった個別対応や、本番の印刷に入ります。

スポンサーリンク