グリッドの設定

グリッド線を表示したのはいいけれど、横線だけではなく縦線も表示したいなとか、間隔を変更したいなといった場合にはグリッドの設定をすればOKです!

グリッドの設定の操作画像1 [ページレイアウト]タブ、

グリッドの設定の操作画像2 [配置]グループの[配置]ボタンから、[グリッドの設定]をクリックします。

グリッドの設定の操作画像3 行グリッド線とは、グリッド線の横線のこと。
既定では[行グリッド線の間隔]が「0.5行」、[行グリッド線を表示する間隔(本)]が「2」になっているので、0.5行ごとの線が2本に1本の割合で表示されています。
これは、[行グリッド線の間隔]を「1行」、[行グリッド線を表示する間隔(本)]を「1」とした、1行ごとに1本表示するのと同じです。

グリッドの設定の操作画像4 グリッド線の縦線のことを文字グリッド線と呼びます。
文字グリッド線を表示したい場合には[文字グリッド線を表示する間隔(本)]にチェックを付け、この間隔と[文字グリッド線の間隔]も自分好みに設定します。

ただ、[文字グリッド線の間隔]の単位は「字」、[行グリッド線の間隔]の単位は「行」ですから、方眼紙のような正方形のマス目を表示させたい時には、単位が違うので困ってしまいます。

グリッドの設定の操作画像5 そんな時は「mm」を使うと便利です!
設定したい間隔を「mm」を含めて入力します。
左の例では5mm間隔に1本、文字グリッド線と行グリッド線を表示するように設定しています。

グリッドの設定の操作画像6 5mm方眼紙のようにグリッド線を表示できました!

スポンサーリンク