Excel・Word・PowerPointのバージョン確認と、「Office」「Microsoft 365」の違い

B!
解説記事内の画像はOffice 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2019, 2016, 2013
  • Excel 2019, 2016, 2013
  • PowerPoint 2019, 2016, 2013
  • Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2008と、バージョン2101で動作確認しています。

スポンサーリンク

Word、Excel、PowerPointのバージョン確認で、知っておくと、こんがらがらずに済むことがありまして。
それは、「Office 2019」の「2019」とか、昔は「バージョン」と言われていたものが、今は「Office 2019」という「製品名」だよ、ということ。
そして、販売方法も、大きく「Office」と「Microsoft 365」という2つの形態に分かれていて、この2つの形態の違いを理解しておくと、「バージョン」についても理解しやすいんです。
そこで、まずは「Office」と「Microsoft 365」という2つの形態の違いからご説明していきます。
違いは分かるから、バージョンの確認方法をすぐに知りたい!という方は「バージョンの確認」の章からご覧ください。

スポンサーリンク

「Office」と「Microsoft 365」の違い

まずWord、Excel、PowerPointは、それぞれ単品購入できるものの、主にセット販売されていて、ざっくり2種類の形態があります。

  • 買い切り型
  • 月額課金や年払いの利用権購入型

買い切り型

Word・Excel・PowerPointなどのセット販売のうち、買い切り型は、
「Office + 西暦っぽい数字」
という名前の付け方になっているので、これをお使いの方は、「Office 2019」や「Office 2016」という名前になっています。
買い切り型のOfficeは、一度購入したら、新しい製品を買うまで追加支払いはありませんが、バージョンが新しくなるごとに追加される新機能は、新しい製品を買うまでは使えません。
エアコンを買って、この年式のエアコンは自動お掃除機能があるけど、前の年式のエアコンには自動お掃除機能が無いから、自動お掃除機能にこだわりたいなら新しい製品を買うけど、エアコン使えればそれでいいのなら、そのまま使い続ければいい、みたいなイメージです。

月額課金や年払いの利用権購入型

Word・Excel・PowerPointなどのセット販売のうち、月払いまたは年払いによる利用権購入型は、「Microsoft 365」という名前です。
いわゆる、サブスクリプションとか、サブスクと言われる形態。
以前は「Office 365」という名前でしたが、現在は名前が変わって「Microsoft 365」という名前です。
(一部、大企業向けとして、「Office 365」も存続していますが、イメージ的には「Office 365」の名前が変わって「Microsoft 365」になった、みたいに考えてOKです。)
新機能が、インターネット経由で自動追加されていくので、その利用権を購入している間は、常に新機能を使うことができます。

バージョンの確認

バージョンの確認方法は、買い切り型の「Office」でも、サブスクリプション型の「Microsoft 365」でも同じです。
Word、Excel、PowerPointのいずれかを起動し、まっさらな新規文書が表示されている状態にします。
または、何かしらの文書を開いていてもOKです。

Wordを起動して、まっさらな文書が表示されている状態だとこんな感じ。
お使いのバージョンによって、画面上部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらな文書が表示されているとこんな感じなんだ、と文書のあたりだけ参考にしてください。

Excelを起動して、まっさらなシートが表示されている状態だとこんな感じ。
シートとは、画面の多くを占める、マス目がいっぱいある部分のこと。
お使いのバージョンによって、画面上部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらなシートが表示されているとこんな感じなんだ、とシートの部分だけ参考にしてください。

PowerPointを起動して、まっさらなスライドが表示されている状態だとこんな感じ。
スライドとは、画面の多くを占める、紙のような部分のこと。
お使いのバージョンによって、画面上部と右部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらなスライドが表示されているとこんな感じなんだ、とスライドの部分だけ参考にしてください。

[ファイル]タブをクリックすると、

画面が切り替わります。
左側に表示されたボタンの一覧に、[アカウント]が表示されている方は、[アカウント]をクリックします。

左側に表示されたボタンの一覧に、[アカウント]が表示されていない方は、[その他]をクリックすると[アカウント]が表示されるので、[アカウント]をクリックします。

表示された画面の、このあたりに注目!

買い切り型の「Office」の場合

「Office 2019」とか、「Office 2016」のように、「Office + 西暦っぽい数字」が書いてあったら、お使いの製品は買い切り型の製品。
ざっくりとした会話の中で「バージョン何?」と聞かれたら、この「2019」とか「2016」という西暦っぽい数字を答えれば事足りることが多いのですが、厳密に言うと、今はこれが製品名で、バージョンとして別の数字が存在するので、「Office 2019」とか、「Office 2016」という「製品名」だよ、という考え方もプラスしておいたほうが、現在は良いかも。

「Proffesional Plus」とか、「Home & Business」みたいに書いてあるのは、買い切り型のOfficeにもラインナップがいろいろあって、お使いの製品のラインナップが何にあたるのか、というものです。

月払いまたは年払いによる利用権購入型の「Microsoft 365」の場合

「Microsoft 365」と書いてあったら、お使いの製品は、月払いまたは年払いによる利用権購入型の製品。
流行りの購入形態「サブスクリプション」、略してサブスクの製品です。
買い切り型の製品を念頭に置いた「バージョン何?2019?2016?」みたいなざっくりした会話では、「うちのはMicrosoft 365だから、常に新しいよ」と伝えれば事足りることが多いかも。
もちろん「Microsoft 365」にもバージョンがあるので、その確認方法は、次の章でご説明します

それから、「Microsoft 365」の後ろに「Apps for enterprise」とか、「Personal」みたいに書いてあるのは、「Microsoft 365」にもラインナップがいろいろあって、お使いの製品のラインナップが何にあたるのか、というものです。

厳密に知りたい場合のバージョンとビルド番号

で、買い切り型の「Office」ではセキュリティの更新が、月払いまたは年払いによる利用権購入型の「Microsoft 365」では、それに加えて新機能や様々な更新すべてが、インターネットを通じて自動更新されていきます。
その更新が、お使いの製品でどこまでされているかを示す数字が、厳密な意味での「バージョン」と「ビルド」番号という数字で表現されています。
何らかのサポートサービスを受けるときに、コールセンターの方に聞かれたりする数字でもあります。

で、買い切り型の「Office」も、月払いまたは年払いによる利用権購入型の「Microsoft 365」も、Excelなら[Excelのバージョン情報]、Wordなら[Wordのバージョン情報]、PowerPointなら[PowerPointのバージョン情報]のところにバージョンが書いてあります。
Office 2013
Office 2013では、[バージョン情報]ボタンを押してバージョンを確認します。
このページの後半でご説明しています。

Office 2019・2016 / Microsoft 365
バージョンの呼び方は「西暦の下2桁+月の2桁」のような呼び方になっています。
「2101」だと、2021年01月みたいなイメージではあるのですが、リリース自体はその数ヶ月後だったり、その後にも同じバージョンでの改良リリースみたいなのがあったり(それを表すのがビルド番号)、Microsoft 365では、法人向けだったりすると更新頻度の設定があったりと、いろいろ関係してくるので、単純に「西暦の下2桁+月の2桁」みたいに考えてしまって、今、月が変わっているのにまだ前の数字になってる!きりきりきーっ!みたいになるのは、ちょっと違うんです。

どんな感じでリリースがされているか、詳しく知りたい方はMicrosoft社の公式ページをご覧ください。

法人向けMicrosoft 365

月払いまたは年払いによる利用権購入型の「Microsoft 365」で、なおかつ法人向けのラインナップ製品(ややこしい)は、新機能の追加などの更新が、どれ位の頻度で行われるか、その更新頻度によって、「チャネル」という分類分けがされています。

最新チャネルMicrosoftの準備ができたらすぐ
月次チャネル月に1回
半期チャネル年に2回

お使いの製品がどのチャネルなのかは、バージョン情報のところで確認できます。
このチャネルをどれにしているかは、御社のMicrosoft 365を管理されているご担当者が適切なチャネルを選んでくださっているはずですので、そのまま使わせてもらってください。
みんなが使うものを管理するって、考慮事項も多くて、すごく大変なことでして。
もし私が管理担当者で、他部署の方に「私はこのチャネルがいい!」とか気軽に言われたら、速攻却下して、なおかつ「これから1ヶ月間、この人の食卓に、この人の嫌いな食べものが出続けますように」とか位は思います(笑)。

Office 2013のバージョンとビルド番号の確認

Office 2013
前の章の続きの操作です。
Excelなら[Excelのバージョン情報]、Wordなら[Wordのバージョン情報]、PowerPointなら[PowerPointのバージョン情報]というボタンがあるので、それをクリックすると、

ダイアログボックスが表示されます。
図の線の部分が、バージョンとビルド番号なので、厳密な意味でのバージョンとビルド番号を聞かれたら、これをこのまま読み上げて伝えます。
ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、ダイアログボックスが閉じます。

元の編集画面に戻るには

さぁ、これでバージョンとビルドの確認はバッチリ!
画面左上の矢印のボタンをクリックすると、元の、文書の編集画面に戻ります。

スポンサーリンク

B!