ワード・エクセル・パワーポイントのバージョンを確認

  • Word 2016, 2013, 2010, 2007
  • Excel 2016, 2013, 2010, 2007
  • PowerPoint 2016, 2013, 2010, 2007

自分が使っているWordやExcel、PowerPointのバージョンを知っておくことはとっても大切。
なぜなら、バージョンによって機能の有無だったり、操作方法が違ったりすることがあるため、分からない時や困った時などは、教えてもらう相手にバージョンを伝えることが必須だから。

「でも実は、自分が使っているもののバージョン、わからないんだよね」という方に、今回はバージョンの確認方法をご紹介します!

ただ、バージョンの確認をする際、「[ファイル]タブをクリックします」などと、「タブ」という、画面の一部の名前が出てきます。
表示された画面のうち、「タブ」というものが、画面のどこを指すのかが分からない方は、まずは下記のページをご覧ください。

バージョン確認のはじまり

お使いのマシンに入っているもののバージョンは、Word、Excel、PowerPointとも同じ、というケースが一番多いのではないかと思うので、バージョンを調べるときには、Word、Excel、PowerPointのいずれかのバージョンを調べれば、他のバージョンも同じだと考えられることが多いです。
でも、「PowerPointだけを単体で追加購入しました」というような場合には、WordかExcelのバージョンを調べた後、PowerPointのバージョンも調べてみるといいと思います。

それでは早速始めていきましょう!
Word、Excel、PowerPointのいずれかを起動し、まっさらな新規文書が表示されている状態にします。
または、何かしらの文書を開いていてもOKです。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2016-08 Wordを起動して、まっさらな文書が表示されている状態だとこんな感じ。
お使いのバージョンによって、画面の上部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらな文書が表示されているとこんな感じなんだ、と文書のあたりだけ参考にしてください。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2016-09 Excelを起動して、まっさらなシートが表示されている状態だとこんな感じ。
シートとは、画面の多くを占める、マス目がいっぱいある部分のこと。
お使いのバージョンによって、画面の上部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらなシートが表示されているとこんな感じなんだ、とシートの部分だけ参考にしてください。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2016-10 PowerPointを起動して、まっさらなスライドが表示されている状態だとこんな感じ。
スライドとは、画面の多くを占める、紙のような部分のこと。
お使いのバージョンによって、画面の上部の見栄えが違うので、そこは気にせず、まっさらなスライドが表示されているとこんな感じなんだ、とスライドの部分だけ参考にしてください。

バージョン確認 早見表

ここから実際のバージョン確認となりますが、Officeでは、各バージョンによってその確認方法が異なるため、まずはザックリ早見表を使って、「自分が使っているのは、たぶんこのバージョンなんだろうな」という見当をつけます。
その後、見当をつけたバージョンの操作方法で、確定診断となるバージョン確認をすれば、バッチリです。

それでは、まずは早見表を使って、バージョンの見当をつけていきましょう!
早見表内の画像はExcelのものですが、WordでもPowerPointでも同じ方法で見当をつけることができます。

Word・Excel・PowerPointのバージョン確認 早見表

早見表でバージョンの見当をつけたら、確定診断を行います。
下記のリンクより、該当のバージョンの確定診断の章に移動できます。

スポンサーリンク

バージョン2007だと思われるものの確定診断

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2007-01 画面左上の丸いボタン[Officeボタン]をクリックします。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2002-01 表示されたメニューの一番下に、Excelなら[Excelのオプション]、Wordなら[Wordのオプション]、PowerPointなら[PowerPointのオプション]ボタンがあるのでクリックします。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2007-03 表示されたダイアログボックスの左側で[リソース]をクリックすると、その右側に表示されたものの一番下に、ソフト名とそのバージョンが表示されます。
バージョンの確認が終わったら、ダイアログボックス右上の[×]のボタンをクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

バージョン2010だと思われるものの確定診断

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-01 早見表でのザックリ診断時に[ファイル]タブをクリックしたので、

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-02 今は「Backstageビュー」という、文書を保存したり開いたりするボタンが並ぶ画面になっていると思います。
この画面の左側にあるボタン一覧のうち、[ヘルプ]をクリックします。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-03 右側に表示されたもののうち、図の部分で、ソフト名とバージョンを確認することができます。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-04 [ファイル]タブ以外のタブをクリックすれば、元の、文書の編集画面に戻ります。
([ファイル]タブをクリックしても、元の編集画面に戻れるのですが、Be Cool Usersでは他の操作をイメージしやすくするために、[ファイル]タブ「以外」とご案内しています。)

バージョン2013 または 2016だと思われるものの確定診断

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-02 【バージョン 2013だと思われる方】
既に、早見表でのザックリ診断時に、この[ファイル]タブをクリックする操作をして、画面が切り替わっているので、次の操作からしてください。
【バージョン 2016だと思われる方】
[ファイル]タブをクリックし、

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-03 切り替わった画面の左側に表示されたボタンの一覧から、[アカウント]をクリックします。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-04 すると、図の矢印のあたりに、

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-05 Excelなら[Excelのバージョン情報]、Wordなら[Wordのバージョン情報]、PowerPointなら[PowerPointのバージョン情報]というボタンがあるので、それをクリックすると、

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-06 ダイアログボックスが表示されます。
図の矢印の部分で、ソフト名とバージョンを確認できます。 確認後は、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、ダイアログボックスが閉じます。

Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認2010-07 画面左上の矢印のボタンをクリックすると、元の、文書の編集画面に戻ります。

スポンサーリンク