イラスト画像の背景を透過(透明にする)

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010
  • Excel 2016, 2013, 2010
  • PowerPoint 2016, 2013, 2010

イラスト画像の背景を透過(透明にする)08 文書中に入れた、2つのイラスト。
この2つのイラストを重ねて、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)07 こんな風にしたかったはずなのに、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)01 いざイラストを重ねてみると、なんということでしょう!
黒猫の背景が白いため、後ろのイラストが隠れてしまったではありませんか!
この余計な白い部分を透明にするのが、今回ご紹介する透過の技です。

イラスト画像の背景を透過(透明にする)13 ただし、今回ご紹介する透過の技は、指定した1色のみを透明にする技ですので、写真のような何色もある背景を切り抜きたいといった場合は、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)14写真の背景の削除」をご覧ください。

操作は超簡単!

イラスト画像の背景を透過(透明にする)02 それではイラスト画像の背景を透過していきましょう!
まずは透明にしたい部分があるイラスト画像を選択します。

イラスト画像の背景を透過(透明にする)03 [図]ツールの[書式]タブ、[調整]グループの[色]ボタンをクリックし、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)04 表示された一覧から[透明色を指定]をクリックします。

イラスト画像の背景を透過(透明にする)05 文書のところにマウスを持って行くと、マウスポインタがカッターのような形になっていることが分かります。
このマウスポインタの先端を、透明にしたい色に合わせてクリックすると、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)06 クリックで指定した色が透明になりました!

クリックした箇所の色が透明になる

今回の操作のポイントは、選択したイラスト画像で、クリックした箇所の色と同じ色をもつ部分がすべて透明になるということ。

イラスト画像の背景を透過(透明にする)09 なので、選択したイラスト画像で、マウスポインタの先端を濃い黄色に合わせてクリックすれば、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)10 その画像内で、クリックで指定した濃い黄色と同じ色の部分が透明になるというわけです。

イラスト画像の背景を透過(透明にする)11 ですので、白い背景に描かれたパンダのようなイラストだと、パンダ自体も白い部分が多く、背景も白いため、白い部分を透過するよう指定すると、

イラスト画像の背景を透過(透明にする)12 パンダの体の白い部分も透明になってしまいます。
同じ白い色だけれど、パンダの体だけは透過しないようにするのは、画像を扱う専門ではないOfficeではさすがにできないので、画像を編集する専門のソフトが必要です。

スポンサーリンク