画像を白黒やグレースケール、セピア色にする

B!
解説記事内の画像はPowerPoint 2019のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2019, 2016, 2013
  • Excel 2019, 2016, 2013
  • PowerPoint 2019, 2016, 2013
  • Microsoft 365
Microsoft 365は、バージョン2002と、バージョン2012で動作確認しています。

スポンサーリンク

Word、Excel、PowerPointでは、ボタン1つで、カラー画像を白黒やグレースケール、セピア色にすることができます。

写真はもちろん、イラストにも設定できます。

スポンサーリンク

画像を白黒やグレースケール、セピア色にする操作

まずは白黒やグレースケール、セピア色にしたい画像を選択します。

画像を選択すると、[図]ツールの[書式]タブが表示されるのでクリックします。

一部のMicrosoft 365
一部のMicrosoft 365では、[図の形式]タブとなります。

[調整]グループにある[色]ボタンをクリックします。

この一覧の[色の変更]カテゴリーの選択肢から、好みのものをクリックすれば良いだけですが、クリックせずに選択肢にマウスポインターを合わせるだけで、どんな風になるのかお試しで見れるようになっているので、いきなりクリックせず、選択肢にマウスポインターを合わせて、画像がどんな風に変わるのか確認してからボタンをクリックするのがおすすめです。

白黒にしたい場合は、この3つの選択肢から好みのものを選びます。
白多めの白黒なのか、黒多めの白黒なのかが選べるようになっています。

グレースケールにしたい場合は、これ。

セピア色にしたい場合は、これ。

また、グレースケールと似たような感じで、画像の色味を1色の濃淡で表現する選択肢も用意されています。
ここに表示される色味の選択肢は、その文書に設定されているテーマによって異なります。

白黒やグレースケール、セピア色を解除する

白黒やグレースケール、セピア色を解除したい場合も、操作は設定時とほぼ同じです。

設定を解除したい画像を選択すると、[図]ツールの[書式]タブが表示されるのでクリックします。

一部のMicrosoft 365
一部のMicrosoft 365では、[図の形式]タブとなります。

[調整]グループにある[色]ボタンをクリックします。

[色の変更]カテゴリーにある、[色変更なし]をクリックします。

スポンサーリンク

B!