ダブルクリックだけで速攻スライドショー開始

解説記事内の画像はPowerPoint 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2013, 2010, 2007

PowerPointでは、スライドショーを開始したい時には、編集画面で、

リボンにあるボタンや、ショートカットキーでスライドショーを開始します。
ただ、プロジェクターでスライドを大きく映し出して、たくさんの人に見せる時などは、スライドショーを開始する前の編集画面をみんなに見せることになってしまい、若干モタモタした印象になってしまうこともあります。
そこで便利なのがこれからご紹介する保存の方法。
PowerPointの各バージョンでちょっとずつ操作が違うので、お使いのバージョンの部分をご覧ください。


【PowerPoint 2013・2010】
モタモタ感無くスライドショーを開始できるようにしたい文書をPowerPointで開いた状態で、[ファイル]タブをクリックします。

【PowerPoint 2013】
左側で[名前を付けて保存]をクリックし、その右側で保存する場所を指定すると、ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログボックスが表示されたら、このまま読み進めてください。
【PowerPoint 2010】
左側で[名前を付けて保存]をクリックすると、ダイアログボックスが表示されます。
ダイアログボックスが表示されたら、このまま読み進めてください。

【PowerPoint 2007】
画面左下の[Officeボタン]をクリックし、[名前を付けて保存]から[PowerPointスライドショー]をクリックします。


【PowerPoint 2013・2010・2007】
ダイアログボックス左側や上部を使って、保存する場所を指定します。
【PowerPoint 2013】
PowerPoint 2013で、このダイアログボックスが表示される前に保存する場所を指定し終わっている方は、指定し直さなくてOKです。

更に、ダイアログボックス下部にある[ファイル名]に、好みの名前を入力し、

そして最大のポイントがここ!
更に[ファイル名]の下にある、[ファイルの種類]の[▼]をクリックし、一覧から「PowerPointスライドショー(*.ppsx)」を選択し、[保存]をクリックします。
【PowerPoint 2007】
PowerPoint 2007では、既に「PowerPointスライドショー」になっているので、そのまま[保存]をクリックします。

スライドショー形式で保存したことでどんなことになるのか、早速確認してみましょう!
一旦、PowerPointを終了させてください。

スライドショー形式で保存した文書のアイコンをダブルクリックしてみましょう!

編集画面が表示されることなく、いきなりスライドショーを開始することができました!

これでモタモタ感なくスライドショーを開始できるようになったわけですが、この形式で保存した後に、必ずと言っていいほど迷うのが、「このファイルってもう編集できないの?」ということ。
ダブルクリックだとすぐにスライドショーが開始されるので、編集画面で文書を開くにはどうすればいいんだろう?と悩むわけです。
それについては、「スライドショー形式のファイル(.ppsx)は編集できない?」でご紹介しています!

スポンサーリンク