スライドショー形式のファイル(.ppsx)は編集できない?

解説記事内の画像はPowerPoint 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2013, 2010, 2007

スライドショー形式で保存したファイルは、アイコンをダブルクリックすると、すぐにスライドショーが開始されます。
プレゼンテーションでのモタモタ感を無くせるので、非常に便利な方法なのですが、この方法で保存した後、必ずと言っていいほど生まれる疑問があります。
それが、「これってもう編集できないの?」ということ。

アイコンをダブルクリックすると、常にスライドショーが開始されるので、編集画面で開くにはどうすればいいんだろう?と悩むわけです。
もちろん、ちゃんと編集できます!
灯台下暗しで、解決策はとっても簡単です!

ハマらないコツは、スライドショー形式のファイルを編集したい時は、ファイルアイコンをダブルクリックしないこと。
これ以降は、PowerPointの各バージョンによって、操作がちょっぴりずつ違うので、お使いのバージョンの部分をご覧ください。


【PowerPoint 2013・2010】
最初にPowerPointを起動してから、[ファイル]タブの

【PowerPoint 2013・2010】
[開く]を使う方法で文書を開けば、スライドショー形式のファイルも、編集画面の状態で開けます。

【PowerPoint 2013】
PowerPoint 2013では、起動時にスタート画面が表示されるので、そこにある[最近使ったファイル]の一覧から選んだり、[他のプレゼンテーションを開く]を使っても、もちろんOKです!

【PowerPoint 2007】
PowerPoint 2007でも、最初にPowerPointを起動してから、[Officeボタン]−[開く]を使う方法で文書を開けば、スライドショー形式のファイルも、編集画面の状態で開けます。


【PowerPoint 2013・2010・2007】
最初にPowerPointを起動してからファイルを開く」というのが今回のポイント。
編集画面の状態で開いているので、もちろん上書き保存も可能です!

スポンサーリンク