テキストボックスとは

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010
  • Excel 2016, 2013, 2010
  • PowerPoint 2016, 2013, 2010

テキストボックスとは01 文書をより分かりやすく図解したり、より綺麗に飾り付けするための「図形」。
図形を描くには、[挿入]タブ、[図]グループにある[図形]ボタンをクリック、

テキストボックスとは14 【Office 2010】
ちなみにOffice 2010の[図形]ボタンはこんな絵柄です。

テキストボックスとは02 そして、表示された一覧から好みの図形のボタンをクリックするわけですが、その一覧の中に、[テキストボックス]と[縦書きテキストボックス]というものがあります。

テキストボックスとは03 「テキスト」は「文字」のことなので、「テキストボックス」を直訳すると「文字の箱」。
描いた直後からすぐに文字を入力できる四角形のことで、「テキストボックス」は横書きで文字を入力できる四角形、

テキストボックスとは04 「縦書きテキストボックス」は縦書きで文字を入力できる四角形です。

テキストボックスを描く

テキストボックスとは01 それでは試しに「テキストボックス」を描いてみることにしましょう。
[挿入]タブ、[図]グループにある[図形]ボタンをクリックし、

テキストボックスとは03 表示された一覧から[テキストボックス]をクリックします。

テキストボックスとは05 マウスポインタを文書のところに持っていくと、マウスポインタが図のような十字の形になっていることが分かります。
対角線を描くようにドラッグすると、

テキストボックスとは06 テキストボックスを描くことができました!
描いた直後から、テキストボックスの中で文字カーソルが点滅しているので、そのままキーボードで好みの文字を入力すれば、

テキストボックスとは07 テキストボックスのできあがりです!

テキストボックスとは08 通常、文書に入力する文字は、Wordなら「段落」に、Excelなら「セル」によって配置が制限されますが、テキストボックスは「図形」なので、文字を好みの位置に自由に配置できるのが特徴。
自由なレイアウトをしたいときに活躍します。

スポンサーリンク

四角形とテキストボックス、どちらを使う?

テキストボックスとは09 さて、冒頭で、「テキストボックスとは、描いた直後からすぐに文字を入力できる四角形のこと」とご説明しましたが、長方形を描くボタンで普通の四角形を描き、

テキストボックスとは10 その四角形を選択した状態で、そのままキーボードで文字を入力すれば、

テキストボックスとは11 四角形の中に文字を入れることができます。
これで事足りるので、「テキストボックス」という存在自体が意味不明!と思う方もいらっしゃると思うんです。

実はこれにはOfficeの歴史が関係していて、以前のOfficeでは、図形の中に文字を入力するためには[テキストの追加]という操作が必要だったんです。
なので、その操作をせずとも最初から文字を入力できるテキストボックスは特別な図形でした。

でも、バージョンが上がるごとに様々な部分が更に便利になって、今ではテキストボックスも普通の四角形も、同じ手順で文字を入力することができます。
ですので今は、どちらを使うと操作が楽、みたいなのも感じなくなったので、どちらを使ってもいいと思います。

テキストボックスは扱いが特別!

テキストボックスとは02 ここまでで、テキストボックスとは、[テキストボックス]ボタンや[縦書きテキストボックス]ボタンを使って描いた図形のことだよ、とご説明してきました。

テキストボックスとは13 ですが、もっと広い意味で、文字が入った図形全般のことをテキストボックスということもあります。

テキストボックスとは12 文字が入った図形、いわゆるテキストボックスは、文字の入っていない普通の図形とは異なり、選択や移動のときに扱いのコツが必要です。
コツ自体はとっても簡単なことなんですが、意外と知らない方が多いんです。
これを理解しておかないと、操作の手間とイライラばかりが増えるので、下記のページは必読です!

スポンサーリンク