テキストボックス 移動のコツ

テキストボックス 移動のコツの操作画像1 図形の真ん中にマウスポインタを持って行き、マウスポインタが十字の状態でクリックすると、図形を選択できます。
図形を選択後、同じくマウスポインタが十字の形でドラッグすれば、図形を移動することができます。

テキストボックス 移動のコツの操作画像2 ところが、テキストボックスや、中に文字を入力した図形の場合、

テキストボックス 移動のコツの操作画像3 真ん中にマウスポインタを持って行っても、十字の形にはならず、文字カーソルを動かしたり、文字を範囲選択する際のマウスポインタの形になってしまいます。

とりあえず、このようなマウスポインタの形でクリックすると、テキストボックス内に文字カーソルが入り、更に図形を選択した状態になることはなりますが、あくまでも図形を移動するためにはマウスポインタの形を十字の状態にしなければなりません。

テキストボックス 移動のコツの操作画像4 これにはちょっとしたコツが。
テキストボックスの真ん中でクリックして選択した後、テキストボックスの外枠にマウスポインタを持って行くと、マウスポインタが十字の形になりました!
この状態でドラッグすれば移動ができるというわけです。

【Word 2007】
Word 2007では、図形の真ん中でクリックして図形を選択すると、周囲が青い点線で囲まれます。
この点線にマウスポインタを合わせれば、マウスポインタが十字になります。
テキストボックス 移動のコツの操作画像4 テキストボックス 移動のコツの操作画像5

【Excel 2007】【PowerPoint 2007】
Excel 2007・PowerPoint 2007では、図形の真ん中でクリックして図形を選択すると、周囲がグレーっぽい点線で囲まれます。
テキストボックスの方は分かりづらいですね・・・。
この点線にマウスポインタを合わせれば、マウスポインタが十字になります。
テキストボックス 移動のコツの操作画像6 テキストボックス 移動のコツの操作画像7

マウスポインタを十字の形にしたい時の注意点

テキストボックスや中に文字を入力した図形で、マウスポインタを十字の形にしたい場合には、先程までのように図形の外枠にマウスポインタを持って行けばいいわけですが、

テキストボックス 移動のコツの操作画像8 周囲にあるポッチは、図形のサイズを変えるためのものなので、ここにマウスポインタを合わせてしまうと、同じドラッグという操作で、図形の移動ではなく大きさを変えてしまいます。

テキストボックス 移動のコツの操作画像9 ポッチとポッチとをつなぐ点線上にマウスポインタを合わせるのがポイントです!

スポンサーリンク