アニメーションの設定

解説記事内の画像はPowerPoint 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • PowerPoint 2010, 2007

スライド中の図形やプレースホルダに、動的な表現を加えたい時にはアニメーションを設定します。
自分の説明のタイミングに合わせて、図形をシュワ〜っと登場させるなど、様々な効果が設定できるようになっています。
そして、アニメーションは、用途によって使い分けるべく、下記のような分類に分かれています。

開始 これを設定した図形などは最初は非表示になっていますが、アニメーションがスタートすると動きながら「登場」します。
最初はネタバレしないように非表示にしておいて、説明のタイミングに合わせて表示させたい時などに使います。
強調 これを設定した図形などは最初からスライドに表示されています。
アニメーションがスタートすると動き出します。
説明のタイミングに合わせて「チカチカッ」とさせて、「今ここを説明していますよ」と視線を集めたい時などに使います。
終了 これを設定した図形などは最初はスライドに表示されていますが、アニメーションがスタートすると動きながら消えていきます。
[開始]アニメーションの「登場」に対して、この[終了]アニメーションは「退場」といったところです。
説明が終わった後、それがいつまでも注目されないよう、消したいときなどに使います。
アニメーションの
軌跡
設定した線の跡をたどるように図形を動かすことができます。
線路をスライドの中に引いて、その線路の通りに図形が動く、といったイメージです。

アニメーションの設定の準備

早速、アニメーション設定のための、準備から始めていきましょう!
ちなみにPowerPoint 2010と2007では、設定方法に違いがあるので、その違いも一緒にご紹介していきたいと思います。

まず、アニメーションの作業をする際には、アニメーション用の作業ウィンドウをやたらと使うので、まずはそれを表示させます。
【PowerPoint 2010】
[アニメーション]タブ、[アニメーションの詳細設定]グループの、[アニメーションウィンドウ]ボタンをクリックでONにします。
アニメーションの設定16

アニメーションの設定18 【PowerPoint 2007】
[アニメーション]タブ、[アニメーション]グループの[アニメーションの設定]ボタンをクリックでONにします。

アニメーションの設定17 画面の右端に、アニメーション用の作業ウィンドウが表示されました。

アニメーションの設定01 【PowerPoint 2010】
【PowerPoint 2007】
早速アニメーションを設定します。
アニメーションを設定したい図形やプレースホルダを選択します。

PowerPoint 2010でのアニメーションの設定

【PowerPoint 2010】
アニメーションを設定したい図形やプレースホルダを選択したら、[アニメーション]タブ、[アニメーション]グループにある一覧から、好みのものをクリックで選択します。
この時、「これがどんな動きをするか分からない!」という時には、気になるものにマウスを合わせるだけで、動きをプレビューしてくれます。
アニメーションの設定02

この時、[▼]で一覧をスクロールできますし、[その他]ボタンで一覧を全表示させることもできます。
アニメーションの設定03

アニメーションの設定04 左の図は、[その他]ボタンで一覧を全表示させたものです。
[開始][終了]といった分類ごとに表示されているので、好みのアニメーションをクリックで選択します。
ちなみにアニメーションは、[開始][終了]といった分類ごとに、ボタンの色が違うことが分かります。
[開始]は緑、[終了]は赤で表示されています。

アニメーションの設定05 また、この一覧に表示されている以外のものを選択したい場合には、[その他の○○効果]をクリックすると、

アニメーションの設定06 ダイアログボックスが表示され、選択した分類のすべてのアニメーションの中から選ぶことができます。

それがどんな動きか分からなくても、ダイアログボックス左下の[効果のプレビュー]にチェックが付いていれば、 アニメーションを選択するだけで画面上でどんな動きになるのかを確認できます。
好みのアニメーションを選択し、[OK]ボタンをクリックします。

更に[効果のオプション]ボタンをクリックすると、
アニメーションの設定07

アニメーションの設定08 先ほど選択したアニメーションの、動きの方向などを変更することができます。

この[効果のオプション]ボタンは、選択しているアニメーションの種類によってボタンの絵柄が変わりますので、下のような星マークの場合も。
アニメーションの設定09
というわけで、[効果のオプション]ボタンを覚える時は、ボタンの絵柄で覚えるのではなく、「アニメーションの一覧の隣」のように位置で覚えるといいと思います。

PowerPoint 2007でのアニメーションの設定

アニメーションの設定19 【PowerPoint 2007】
アニメーションを設定したい図形やプレースホルダを選択したら、[アニメーションの設定]作業ウィンドウの、[効果の追加]ボタンをクリックし、[開始][終了]といった分類にマウスポインタを合わせると、その分類のアニメーションが一覧表示されるので、好みのものをクリックで選択します。

アニメーションの設定20 もしこの一覧に好みのものが無ければ、[その他の効果]をクリックすると、上記の2010同様、ダイアログボックスが表示され、選択した分類のすべてのアニメーションの中から選ぶことができます。

アニメーションの設定21 アニメーションを選択後、選択したアニメーションの種類によっては、動きの方向を変えることができるものも。
[アニメーションの設定]作業ウィンドウの、[方向]で、変更することができます。

さて、一度アニメーションを設定した後、「やっぱり別のアニメーションの方がよかったな〜」と思うことはよくあることだと思います。
でもこの時、2007でまた同じ操作を繰り返すと、既に設定したアニメーションを、別のアニメーションに変更するのではなく、新たにもう一つアニメーションを追加してしまうんです。
アニメーションを設定した直後についついやってしまいがちなので、「アニメーションの追加・変更・削除」も是非ご覧ください!

アニメーションを設定すると・・・

アニメーションの設定10 これでアニメーションの設定ができました!
設定したものの脇には、「アニメーションが設定されていますよ」という合図が数字で表示されます。
左の図なら「1」と表示されているので、「1番目に動きます」という合図です。

アニメーションの設定11 作業ウィンドウにも、設定したアニメーションの状態が表示されます!

ここまでの操作を繰り返して、動かしたいもの全てにアニメーションを設定していきます。

設定時の便利技!

アニメーションの設定12 また、複数の図形が同時に同じ動きをするように設定したい時には、図形を複数選択して、アニメーションの設定をすればOKです。

アニメーションの設定13 左の例なら、1番目の動きが終わった後、2番目に動くものが2つあることが分かります。

アニメーションの設定14 作業ウィンドウを見ても、2番目に動くものが2つあることが分かります!

アニメーションの再生

設定後、どんな風に動くのかはスライドショーで確認できます。
また、作業ウィンドウにある、下の図のような[再生]ボタンをクリックすれば、作業中の画面のままアニメーションを再生できます。

アニメーションの設定15 【PowerPoint 2010】
その[再生]ボタンは、PowerPoint 2010では、作業ウィンドウの上部にあり、

アニメーションの設定22 【PowerPoint 2007】
PowerPoint 2007では作業ウィンドウの下部にあります。

スポンサーリンク