図形やテキストボックス、ワードアートの選択

解説記事内の画像はWord 2010のものですが、操作方法は下記のソフト、下記のバージョンで同じです。
  • Word 2010, 2007
  • Excel 2010, 2007
  • PowerPoint 2010, 2007

普通の図形の操作は問題ないけれど、
「図形の中に文字が入ってしまうと、うまく操作できない!」
「ワードアートが思い通りに操作できない!」
という方、実はコレ、「選択」が原因していることが多いんです。

図形やワードアートに、何か操作を加える際の大前提が、操作を加えたい図形やワードアートを「選択」しておく、ということ。
普通の図形ならクリックするだけで選択できますが、文字が入った図形やワードアートの場合は、クリックした後の状態を確認することがポイント
そんなわけで、今回は図形関係の選択についてまとめてみました!

さて、このサイトのいろんなページにも出ていますが、今回の操作では、Excelでもなく、PowerPointでもなく、Word 2010でもなく、Word 2007だけ操作が若干違います。
Wordの、しかもバージョン2007をお使いの方用の操作方法も掲載していますが、そこだけ読むのではなく、このページを上から順番にお読み頂いた方が分かりやすいです。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像01 図形を選択する際の基本は、図形の真ん中にマウスポインタを持っていき、左の図のような黒い十字の形になったらクリックすると、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像02 図形を選択することができます!

今、この図形を選択していますよ〜という合図で、図形の周囲にポッチがつきます。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像14 【Word 2007】
Word 2007の場合は、選択の仕方は上記とまったく同じですが、選択した時のポッチの状態が左の図のような状態になります。

文字が入った図形やテキストボックスの選択

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像03 ところが!
文字が入った図形や、テキストボックスを選択しようと、図形の真ん中にマウスポインタを持って行っても、左の図のようなマウスポインタの形になってしまい、黒い十字の形にはなりません。
仕方がないのでマウスポインタが「I」の形のままクリックすると、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像04 図形の周囲にポッチがついて、とりあえず図形の選択はできているように見えるのですが、ちょっと待った〜!!

今のこの状態は、図形の中で文字カーソルが点滅しています。
そして図形の周囲についたポッチとポッチとをつなぐ線が、点線です。

実はこの状態、「図形全体が選択されている状態」ではなく、「図形の中に文字を追加しようとしている状態」。
なので、この状態で、図形の中の文字の色や太さを変えるべく、[フォントの色]や[太字]ボタンをクリックしても、思うように設定できなかったりします。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像05 ここで!
図形の周囲にあるポッチとポッチとをつなぐ点線にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが黒い十字の形になります!
この状態でクリックすると、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像06 図形の中で点滅していた文字カーソルが消え、ポッチとポッチをつなぐ点線が実線に変わりました!

実はこれが図形全体が選択されている状態
なのでこの状態のまま[フォントの色]や[太字]ボタンをクリックすれば、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像07 図形全体が選択されている状態なので、その図形の中に入っている全ての文字にちゃんと設定されます。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像08 こんな風にいちいち文字の部分をドラッグで範囲選択する必要なんて無いんです!

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像09 テキストボックスや、その他 一部の図形では、ポッチとポッチとをつなぐ線が、点線なのか実線なのかがわかりづらいので、私はいつも線の種類ではなく、図形の中にカーソルが入っているか、入っていないかで判断しています。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像15 【Word 2007】
Word 2007の場合も、選択の仕方は上記とまったく同じですが、図形の中で文字カーソルが入っている状態では、図形のポッチとポッチとをつなぐ点線が、左の図のような状態になります。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像16 そして、図形全体を選択すると、ポッチとポッチとをつなぐ線が消え、ポッチだけの状態になります。

ワードアートの選択

ワードアートの選択も、文字が入った図形やテキストボックスの選択と同様です。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像10 ワードアートを選択しようとマウスポインタを合わせても、マウスポインタの形は黒い十字の形ではなく、「I」の形。
仕方がないのでマウスポインタが「I」の形のままクリックすると、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像11 とりあえず選択されている感じではあるけど、文字カーソルが点滅した状態。
やはりこれは、「文字を追加しますよ〜」という状態で、ワードアート全体を選択している状態ではないので、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像12 ポッチとポッチとをつなぐ点線にマウスポインタを合わせ、マウスポインタが黒い十字の形でクリックすれば、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像13 ポッチとポッチとをつなぐ点線が実線に変わり、文字カーソルが消え、ワードアート全体を選択した状態になりました!

【Word 2007】
Word 2007の場合は、文字列の折り返しが行内以外と、行内の時とでちょっぴり違います。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像17 文字列の折り返しが行内以外の状態では、マウスポインタが「I」の状態ではうまく選択できません。
文字と文字との隙間では、うまくつかめないということですね。

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像18 隙間ではなく、ワードアートの文字にしっかりとマウスポインタを合わせると、マウスポインタが黒い十字の形になります。
この状態でクリックすれば、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像21 ワードアートを選択することができました!

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像19 行内の状態では、文字と文字との隙間でも大丈夫。
マウスポインタは黒い十字の形にはならないので「I」の状態でクリックすれば、

図形やテキストボックス、ワードアートの選択の操作画像20 選択できます。
行内以外の場合と違って、周囲が青い点線で囲まれます。

Word 2007では、[テキストの編集]ボタンをクリックしてワードアートの文字を編集する仕様のため、クリックで単純に文字カーソルを入れることができません。
というわけで、「文字を追加しようとしている状態」、「全体を選択している状態」という概念がないというイメージです。

スポンサーリンク