日本語入力ソフトの辞書の更新

    この記事は、Windows 10 および Windows 8.1に付属している
  • Microsoft IME

  • および、
    Windows 7にOffice 2010をインストールしている場合の
  • Microsoft Office IME 2010

  • で動作確認をしています。
お使いのWindowsのバージョンや、日本語入力ソフトが分からない方は、 をご覧ください。

Windowsパソコンで日本語が入力できるのは「日本語入力ソフト」のおかげ。
そして、入力した文字を、うまいこと漢字やカタカナに変換してくれるのは、その日本語入力ソフトの中に、「辞書」というものが組み込まれているから。

でも、言葉というのは日々変化していくもので、新しい流行語だって生まれるし、新たな有名人だって登場します。
そこで、新しい言葉もうまく変換することができるよう、日本語入力ソフトの辞書は更新できるようになっています。

Windows 10に付属の「Microsoft IME」辞書の更新

Windows 10に付属の「Microsoft IME」の辞書は、恐らく自動的に更新されると思われます(たぶん)。
なので、普段から更新を意識しなくてよさそうです(たぶん)。

Windows 8.1に付属の「Microsoft IME」辞書の更新

日本語入力ソフトの辞書の更新07 Windows 8.1に付属している「Microsoft IME」では、日本語入力がOFFのときには、画面の右下に「A」というマークが、

日本語入力ソフトの辞書の更新08 日本語入力がONのときには、「あ」というマークが表示されます。
この「A」か「あ」のマークのところで右クリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新09 右クリックするのは、日本語入力のマークが「A」か「あ」のときで、図のような「×」マークのときに右クリックしても何もできません。
もし「×」マークになっていたら、WordやExcel、メールソフトなど、何か文章が入力できるソフトを起動させると、「A」や「あ」の状態になります。

日本語入力ソフトの辞書の更新10 「A」か「あ」のマークのところで右クリックすると、メニューが表示されるので、[追加辞書サービス]から[Microsoft辞書アップデート]をクリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新11 「これからこんな風にして辞書を更新しますよ」的なメッセージが表示されるので、[更新の確認]をクリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新12 「現在確認中ですよ」というダイアログボックスが表示されますが、これは「Microsoft IME」の辞書だけでなく、Windows全体で更新がないかを確認しています。

日本語入力ソフトの辞書の更新13 更新があれば、このようなメッセージが表示されます。
メッセージにもある通り、自動でインストールされるようになっているので、ダイアログボックスは閉じてしまってOKです。

ただ、どうやら、Windows 8.1に付属の「Microsoft IME」の辞書は、既に更新がストップされているようなんです。
Windows 8.1に付属の「Microsoft IME」には複数の辞書が組み込まれているのですが、標準辞書は2015年(平成27年)で、郵便番号辞書は2014年(平成26年)で、どうやら更新がストップしているようです。

私個人の感想としては、辞書の更新がストップしていても、特に使い心地がどうのということはなく、普通に使っていて使いづらいことはありません。
ただ、「Microsoft IME」には、郵便番号を入力するだけで住所に変換するという、住所録などを作るときに超便利な機能があるのですが、それを司る郵便番号辞書は新しいものがいいなぁと思う方がいらっしゃるかもしれません。
それについては、詳しく「どうする!古い郵便番号辞書問題」で解説していますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

Windows 7にOffice 2010をインストールしている場合の「Microsoft Office IME 2010」辞書の更新

日本語入力ソフトの辞書の更新02 Windows 7にOffice 2010をインストールしている場合の「Microsoft Office IME 2010」では、画面のどこかに言語バーが表示されているので、言語バーにある[ツール]ボタンをクリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新01 この時、言語バーのボタンが窪んだような状態のときにはボタンが押せないので、そんな時には、WordやExcelなど、文書を作るソフトを起動させると、ボタンが押せる状態になります。

日本語入力ソフトの辞書の更新03 [ツール]ボタンをクリックすると、メニューが表示されるので、[追加辞書サービス]から[Microsoft辞書アップデート]をクリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新04 ダイアログボックスが表示されるので、[辞書の更新を確認する]をクリックすると、

日本語入力ソフトの辞書の更新05 「更新がんばるよ」的なメッセージが表示されるので[はい]をクリックします。

日本語入力ソフトの辞書の更新06 また、最初に表示されたダイアログボックスで[インストール済みの辞書を自動的にバージョンアップする]にチェックをつけておけば、勝手に更新するようになって便利なのですが、しか〜し!

日本語入力ソフトの辞書の更新14 [辞書の更新を確認する]にしても、[インストール済みの辞書を自動的にバージョンアップする]にしても、どうやら、「Microsoft Office IME 2010」の辞書は、既に更新がストップされているようなんです。
「Microsoft Office IME 2010」には複数の辞書が組み込まれているのですが、標準辞書は2015年(平成27年)で、郵便番号辞書は2013年(平成25年)で、どうやら更新がストップしているようです。

私個人の感想としては、辞書の更新がストップしていても、特に使い心地がどうのということはなく、普通に使っていて使いづらいことはありません。
ただ、「Microsoft Office IME 2010」には、郵便番号を入力するだけで住所に変換するという、住所録などを作るときに超便利な機能があるのですが、それを司る郵便番号辞書は新しいものがいいなぁと思う方がいらっしゃるかもしれません。
それについては、詳しく「どうする!古い郵便番号辞書問題」で解説していますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク