Excel・エクセルで掛け算--方法は四則演算と関数の2つ

解説記事内の画像はExcel 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2016, 2013, 2010
Excel 2016・2013・2010用 練習ファイル
(multiplication.xlsx  13.6KB)

Excelで掛け算をする方法は、引き算や割り算と同じように四則演算する方法と、PRODUCT関数を使う方法の、2つがあります。
このページでは、その両方をご紹介していきます!

ただ、もし「数式・関数に不慣れだよ」という方は、このページを読む前に、下記のページをお読み頂くことを、強くおすすめします。

四則演算の掛け算

単価と数量を掛ける 2つの掛け算の方法のうち、まずは絶対に覚えておきたいのが、四則演算。
今回はD3番地に、B3番地に入力されている単価と、C3番地に入力されている数量を掛け算した結果を表示させてみます。

セルを選択 まずは掛け算の結果を表示させたいD3番地を選択し、

「=」を半角で入力 「これから計算式を入力しますよ」という合図で、「=」(イコール)を半角で入力します。
半角で入力するのは、「数式内の記号や数字は半角で入力する」というExcelのお作法だからです。

掛けたいものを指定 「=」(イコール)を入力することで、これから計算式を組む合図を送ったので、次は何と何を掛けたいのかを指定していきます。
まずはB3番地の単価を掛けたいわけですから、B3番地をクリック。

掛けたいものを指定 続いて「掛ける」を表す「」を半角で入力します。
「掛ける」を手書きする場合は「×」と表現しますが、Excelでの「掛ける」は、「」となります。
「*」を半角で入力するのは、もちろん「数式内の記号や数字は半角で入力する」というExcelのお作法だから。

テンキーで[*]を入力 「*」を、数字入力専門のテンキーで入力する場合には、そのまま[*]のキーを押せばよいですが、

キーボードで[*]を入力 文字を入力するキーボードの方で入力する場合には、[Shift]キーを押したまま図のキーを押します。

更に掛けたいものを指定 次に掛けたいものを指定します。
今回はC3番地の数量も掛けたいので、C3番地をクリックします。

数式を入力 完了 「=B3*C3」という数式を入力できたので、最後に数式を確定しましょう。
数式バーの[入力]ボタンをクリックするか、

[Enter]キー キーボードの[Enter]キーを押すと、数式を確定することができます。

掛け算の設定 完了 掛け算をすることができました!

オートフィルで数式をコピー あとは、必要に応じて、残りのセルにオートフィルで数式をコピーします。

スポンサーリンク

PRODUCT関数で掛け算

Sheet2に切り替え 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えます。

四則演算の掛け算は、掛けたいセルをクリックで指定したり、「*」を入力したりと、地道な手作業です。
普段は四則演算の方法で事足りますが、もし、掛けたいセルがいくつもある場合には、範囲選択するだけで、その範囲をすべて掛けてくれるPRODUCT関数を使うと楽チンです。

B11番地からD11番地を掛ける 今回はE4番地に、B4番地からD4番地の範囲に入力されている数字を、すべて掛け算した結果を表示させてみたいと思います。

[関数の挿入]ボタン まずは掛け算の結果を表示させたいE4番地を選択し、[関数の挿入]ボタンをクリックします。

[関数の挿入]ダイアログボックス 関数を指定するためのダイアログボックスが表示されるので、[関数の分類]で「すべて表示」を選択すると、すべての関数が[関数名]欄にABC順で表示されます。
「PRODUCT」をクリックで選択し、[OK]ボタンを押します。
この時、「PRODUCT」の頭文字である「P」のところまで、一瞬でスクロールする技があります。
何それ?という方は、「Excel 関数 基本のキ(まずはここから編)」を是非ご覧ください。

[関数の引数]ダイアログボックス 先程のダイアログボックスで「PRODUCT」を選択し、[OK]ボタンを押すと、今度はこのようなダイアログボックスが表示されます。
[数値1]欄に、掛け算したいセル範囲を指定します。
今回のように、Excelさんが自動で認識して、表示してくれた範囲で間違いなければそれでOKですが、もし違う場合には、

[関数の引数]ダイアログボックスのために範囲選択し直し 正しい範囲を選択し直します。
もし、この選択し直しの操作がうまくいかない方は、「Excel 関数 基本のキ(まずはここから編)」をご覧ください。

[OK]ボタン 最後に、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

PRODUCT関数 設定完了 指定した範囲をすべて掛け算した結果が表示されました!

四則演算での掛け算 今回ご紹介した方法のうち、Excelを使う上で必須の操作は、四則演算の方法。
同様の操作で引き算や割り算もできます

PRODUCT関数を使わずに四則演算で掛け算した場合 また、PRODUCT関数もご紹介していますが、四則演算の方法で、図のように指定しても問題ありません。
PRODUCT関数を使うと、範囲指定するだけで掛け算ができるので、掛けたいセルが多くなってくると、四則演算の「これ 掛ける これ 掛ける これ」という指定より、PRODUCT関数の「ここからここまで掛けてね」という指定の方が楽ですよ、というだけのことなんです。

四則演算はExcelで必須の操作ですが、PRODUCT関数は余裕のある方だけ覚えておけばいいと思います。

スポンサーリンク