ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定

解説記事内の画像はExcel 2013のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2013, 2010, 2007
Excel 2013・2010・2007用 練習ファイル
(kana03.xlsx  11.4KB)
ふりがなの「読み」を修正」の続きの方は、そこで最後まで操作した練習ファイルを、そのまま使えます。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-31 Excelさんは、セルに文字を入力したときの読み情報を、そのまま記憶しています
その読み情報を、[ふりがなの表示/非表示]ボタンや、PHONETIC関数を使って表示させることで、ふりがなとすることができました。
そして、これらの方法で表示させたふりがなは、既定値ではカタカナで表示されます。
でも、ひらがなで表示したい!といった場合には、簡単な操作で、あっという間にひらがなで表示させることができますヨ。

ふりがなを、カタカナで表示させるのか、ひらがなで表示させるのかの設定は、[ふりがなの表示/非表示]ボタンでふりがなを表示させている場合でも、PHONETIC関数でふりがなを表示させている場合でも、操作は全く同じです。
でも、ちょっとしたポイントなども記載していますので、片方のケースだけを読まずに、是非、順番に最後までご覧ください!

ふりがなの設定

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-01 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet1に切り替えておいてください。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-02 そして、ふりがなは文字が小っちゃいから見えにくい!という方は、画面右下の[+]マークのボタンを何度かクリックして、画面の表示倍率を上げておくと、見やすいです。
(今回は150%にしてみました。)

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-03 さて、A列には、各セルに入力された文字の上に[ふりがなの表示/非表示]ボタンで表示させたふりがなが表示されています。

ふりがなは、既定値ではカタカナで表示されるので、ひらがなで表示されるように設定してみましょう。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-04 ひらがなで表示させたいふりがながあるセルを、範囲選択します。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-05 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-06 表示された一覧から、[ふりがなの設定]をクリックします。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-07 ふりがなに様々な設定をするための、[ふりがなの設定]ダイアログボックスが表示されます。

このダイアログボックスの[ふりがな]タブで、ふりがなを「ひらがな」で表示するのか、「全角カタカナ」で表示するのかなどを選択できます。
[ひらがな]を選択し、ダイアログボックス右下の[OK]ボタンをクリックすると、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-08 選択した範囲のふりがなが、ひらがなで表示されるようになりました!

スポンサーリンク

ふりがなの配置

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-09 現在、A列に表示されているふりがなは、各単語に左寄せで表示されています。
これがどうもしっくりこないという場合には、ふりがなの配置を変更します。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-04 配置を変更したいふりがながあるセルを、範囲選択します。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-05 先ほど同様、[ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-06 表示された一覧から、[ふりがなの設定]をクリックします。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-10 [ふりがなの設定]ダイアログボックスが表示されました。
表示をひらがなにした時と同じ[ふりがな]タブで、[中央揃え]を選択して[OK]ボタンをクリックすれば、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-12 各単語ごとに、ふりがなが中央揃えで配置されました!

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-11 せっかくなので、もう1回、ふりがなの配置を変更してみましょう。
配置を変更したいふりがながあるセルを、範囲選択し、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-13 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、[ふりがなの設定]をクリックします。

表示された[ふりがなの設定]ダイアログボックスの[ふりがな]タブで、今度は[均等割り付け]を選択して、[OK]ボタンをクリックしてみましょう。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-15 各単語ごとに、ふりがなが均等に配分されて配置されました。

自分の好みに合わせて、ふりがなの配置を設定すればいいわけですね。

ふりがなの文字サイズ

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-16 画面の表示倍率を上げて操作していた方は、画面右下の[−]マークのボタンを何度かクリックして、表示倍率を100%に戻しておいてください。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-17 さて、ふりがなは文字の上に小さく表示されるので、見えにくいというのが弱点です。
でも、ふりがなの文字サイズを大きくすることができます。

サイズを大きくしたいふりがながあるセルを、範囲選択します。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-18 ここで注意すべきポイントは、文字を大きくしたいからといって、お馴染みの[フォントサイズ]で大きくしてしまうと、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-19 ふりがなが大きくなるのではなく、ふりがなの元となるデータ、つまり漢字の方が大きくなってしまいます。
[フォントサイズ]は、セルに入力されているデータの文字サイズを大きくする機能です。
これらのセルに入力されている実際のデータは漢字であって、ふりがなは、その漢字の読み情報ででしかありません。
というわけで、ふりがなのサイズを大きくしたい場合には、[フォントサイズ]ではなく、[ふりがなの設定]を使います。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-17 操作の確認で[フォントサイズ]を大きくしてみた方は、元に戻しておいてください。

サイズを大きくしたいふりがながあるセルを範囲選択し、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-20 先程までと同じように、[ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[ふりがなの表示/非表示]ボタンの[▼]をクリックし、[ふりがなの設定]をクリックして、[ふりがなの設定]ダイアログボックスを表示させます。

このダイアログボックスの[フォント]タブで、ふりがなのフォントについて設定できます。
現在は[サイズ]が「6」になっているので、「8」を選択して[OK]ボタンをクリックすると、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-21 ふりがなの文字サイズを大きくすることができました!

スポンサーリンク

PHONETIC関数の場合

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-22 練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面左下のシート見出しをクリックして、Sheet2に切り替えておいてください。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-16 また、「ふりがなの「読み」を修正」のページから引き続いて、練習ファイルを操作しながらご覧いただいている方は、画面右下の[−]マークのボタンを何度かクリックして、表示倍率を100%に戻しておいてください。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-23 B2番地を選択した状態で数式バーを見てみると、このセルにはA2番地に入力されている文字のふりがなが表示されるよう、PHONETIC関数が設定されていることが分かります。

このように、この表のB列には、A列の文字のふりがなが表示されるよう、PHONETIC関数が設定されています。

これらB列のふりがながカタカナで表示されているので、これをひらがなで表示されるようにしたい!といった場合も、操作は最初にご紹介した方法と全く同じです。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-24 そして、範囲選択するセルも、最初にご紹介した範囲と同じ、というのがポイントになります。
範囲選択するセルは、PHONETIC関数で写し出している、実際の読み情報があるセル、つまりふりがなの元となっているセルを選択します。
今回の場合は、A2からA6番地を選択するわけですね。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-07 あとは[ふりがなの設定]ダイアログボックスの[ふりがな]タブで、[ひらがな]を選択して[OK]ボタンをクリックするだけ。

ちなみに、この時点で[ふりがなの設定]ダイアログボックスを表示できない方は、これ以上進むのは超キケンです!
どうかもう一度このページの最初からご覧ください(願)。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-27 A列のふりがなを「ひらがな」で表示するよう設定したので、それをPHONETIC関数で写し出しているB列の表示もひらがなになりました!

PHONETIC関数で写し出したふりがなのフォントサイズは・・・

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-20 さて、PHONETIC関数を使って表示しているふりがなのサイズを大きくしたい場合、これも[ふりがなの設定]ダイアログボックスの[フォント]タブで設定するのかというと、そうではありません

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-28 PHONETIC関数が入力されているということは、そのセルに表示されているふりがなは、PHONETIC関数で導き出された計算結果そのものです。
そのセルにあるもの自体の文字サイズを大きくしたいわけですから、そのセルを範囲選択し、

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-29 お馴染みの、[ホーム]タブの[フォントサイズ]を使って、文字サイズを大きくします。

ふりがなを「ひらがな」で表示:ふりがなの設定の操作画像-30 文字サイズを大きくすることができました!

[ふりがなの設定]ダイアログボックスでサイズを大きくする場合と、[ホーム]タブの[フォントサイズ]で大きくする場合の違い、イメージできましたでしょうか?

スポンサーリンク