蛍光ペンで文字にマークする

解説記事内の画像はWord 2016のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Word 2016, 2013, 2010

普段、本や書類の大切なところに蛍光ペンでマークするのと同じように、Wordでも、文章に蛍光ペンでマークをつけることができます。

しかも、同じ機能なのに、操作方法が2種類あって、自分の感覚に合っている方の操作でマークできるようになっています。

操作方法その1:普段の書式設定と同じ方法

Wordでは、文字に飾り付けをする書式設定の際、

(1)書式設定したい文字を範囲選択
(2)何らかの書式設定のボタンを押す

というのが基本の方法です。

蛍光ペンで文字にマークする01 蛍光ペンで文字にマークしたいときも、基本の操作方法は同じで、まずは蛍光ペンでマークしたい文字を範囲選択します。

蛍光ペンで文字にマークする02 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[蛍光ペンの色]ボタンは、絵柄の部分と[▼]の部分の2層構造になっています。

蛍光ペンで文字にマークする03 絵柄の部分に表示されている色で良ければ、この絵柄の部分をクリックしますが、

蛍光ペンで文字にマークする04 違う色がいい場合には[▼]をクリックし、

蛍光ペンで文字にマークする05 一覧から好みの色をクリックで選択します。

蛍光ペンで文字にマークする06 蛍光ペンでマークすることができました!

操作方法その2:蛍光ペンでなぞる方法

普段、本や書類の大切なところに蛍光ペンでマークする際は、マークしたい文字を蛍光ペンでなぞります。
それと同じで、Wordでも文字をなぞる感覚で、マークする方法もあります。

蛍光ペンで文字にマークする07 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[蛍光ペンの色]ボタンは、絵柄の部分と[▼]の部分の2層構造になっています。

蛍光ペンで文字にマークする08 絵柄の部分に表示されている色で良ければ、この絵柄の部分をクリックしますが、

蛍光ペンで文字にマークする10 違う色がいい場合には[▼]をクリックし、一覧から好みの色をクリックで選択します。

蛍光ペンで文字にマークする11 文章のところにマウスを持って行くと、マウスポインタが蛍光ペンの形になっていることが分かります。
マークしたい文字をドラッグでなぞると、

蛍光ペンで文字にマークする12 蛍光ペンでマークすることができました!
ボタンをOFFにするまで、マウスポインタは蛍光ペンの形になっているので、

蛍光ペンで文字にマークする13 他にもマークしたい箇所があれば、連続してマークしていくことができます。

蛍光ペンで文字にマークする14 終了するときは、[蛍光ペンの色]ボタンの絵柄の部分をクリックしてボタンをOFFにするか、キーボードの[Esc]キーを押します。
これで、マウスポインタの形も、蛍光ペンの形から通常の形に戻ります。

蛍光ペンを消す

蛍光ペンで文字にマークする16 蛍光ペンのマークを消したいときも、つい先ほどの操作と全く同じで、[ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[蛍光ペンの色]ボタンの[▼]をクリックし、

蛍光ペンで文字にマークする15 一覧から[色なし]をクリックします。

蛍光ペンで文字にマークする17 文章のところにマウスを持って行くと、マウスポインタが蛍光ペンの形になるので、マークを消したい文字をドラッグでなぞると、

蛍光ペンで文字にマークする18 蛍光ペンを消すことができました!

蛍光ペンで文字にマークする19 ボタンがONのままだと、ずっとマウスポインタが蛍光ペンの形で、蛍光マークを消す状態のままなので、[蛍光ペンの色]ボタンの絵柄の部分をクリックしてボタンをOFFにするか、キーボードの[Esc]キーを押します。
これで、マウスポインタの形も、蛍光ペンの形から通常の形に戻ります。


もちろん、このページの最初にご紹介した基本の方法でも、蛍光ペンを消すことができます。

蛍光ペンで文字にマークする20 蛍光ペンを消したい文字を範囲選択し、

蛍光ペンで文字にマークする21 [ホーム]タブ、[フォント]グループにある、[蛍光ペンの色]ボタンで、この例では先ほど[色なし]を使ったばかりなので、ボタンの絵柄の部分が[色なし]になっています。
もし、ボタンの絵柄の部分が[色なし]になっていたら、それをクリックすればいいですし、別の色になっていたら、

蛍光ペンで文字にマークする15 [▼]をクリックして、一覧から[色なし]をクリックすれば、

蛍光ペンで文字にマークする22 蛍光ペンを消すことができます!

スポンサーリンク