他人の年賀状を手伝いすぎて自分はプロに頼みました2017年賀状

毎年毎年、知人たちの年賀状作成を手伝わされる私の宿命。
しかも今年2016年は、8月から10月まで、このサイトで公開しているExcelの住所録作成の記事や、Wordの宛名印刷の記事のリニューアルにどっぷり漬かっていたため、正直もうExcelの住所録も、Wordの宛名面印刷ウィザードも見たくありません(笑)。

「他の人のを手伝って、自分の年賀状はまだじゃん!」「でももうお腹いっぱいすぎてやりたくない!」と現実逃避してたら、あっという間に年末。
さすがにもう逃避し続けるわけにもいかず、かと言って、今までホントに住所録の操作や宛名面印刷ウィザードの操作をやり過ぎて、自分で年賀状を作る気力は沸きません。
というわけで、こんな時こそ私が超ご信頼申し上げている挨拶状ドットコムさんに年賀状作成をお願いすることにしました。
えぇ、えぇ、「ExcelやWordの使い方を公開しているサイトの管理人なのに」って言われそうですが、仕方ありません。

「一言コメント」が威力を発揮!

自分から発信するお手紙関係は、ちょっとでも笑いを取りたい!というのが私の本心。
ですが、最近は笑いを取る余裕が無かったので、今回の年賀状こそ笑いを取ってやる!
ちょうど秋に撮った笑いを取れる写真があるので、今年は写真入りの年賀状にすることにしました。

私が今回選んだ年賀状はこれ!
ちなみにこれはサンプル画像なので、年賀状内の写真は私とは何の関係もありません。
で、写真入り年賀状を作る方にとって、写真のところに一言添えたい!っていう方も多いはず。
通常の文章部分にはちゃんとした挨拶を書いて、それ以外に、この写真はこういう写真なんだよといった一言を添えたい、みたいな。
実際、私も、写真だけでは何のこっちゃイマイチ笑いを取れないので、写真のところに一言添えたかったのですが、挨拶状ドットコムさんの年賀状には、「一言コメント」をフォントや色、そしてそのコメントの位置も好みに調整して入れることができるので、私は写真に重なるようにコメントを入れました。
もちろん、コメントは全力で笑いを取りにいきました!(スベってるかもだけど。)

また、今年も宛名印刷無料だったので、それも申し込みました!
が、しか〜し!
当然のことながら宛名のデータはこちらで準備する必要があり、そのデータ自体も挨拶状ドットコムさんのマイページにログインして、自分で1件ずつ入力するか、または挨拶状ドットコムさん指定の住所録テンプレートに入力して一括で登録するという方法になります。
でもですね、私には既に自分で作ったExcelの住所録があるので、新たにデータを入力し直すのはとっても面倒!
そこで、自分で作った住所録ファイルで宛名印刷してくれる有料オプションを使うことに!
このオプションは1,080円。
自分でイチからデータを入力し直す時間を時給換算したら、件数が多い人ほど、絶対にこの有料オプションを使った方がお得になるはず。
このオプションをつけたい方は、住所録ファイルをどのフォームから送信するかなど、申し込みの手順に予め目を通しておくことを強くおすすめします。
また、このオプションを付けた場合、申込画面のクーポン欄に、「宛名ファイル対応希望」と入力して申し込むという、若干のアナログっぽい操作が入るため、申込時の合計金額を表示する画面に、このオプション代金1,080円が表示されません。
表示された料金にプラスして1,080円かかるんだ、と思いながら画面で金額確認をしてください。

申込後はひたすら気が楽!

他人の年賀状を手伝いすぎて自分はプロに頼みました2017年賀状01 宛名印刷も頼んだので、申込後は気が楽すぎて楽すぎて。
完成品が届くのをただ楽しみに待ってました。
印刷された年賀状はガッチリとした箱に入って送られてくるので、折れ曲がる心配などもありません。
ちょっとしたおまけも入ってたりしまして、やっぱりこの会社さん好きだなぁって思います。
箱を開けてやることは、送る相手それぞれの方に向けて、ちょっぴり手書きでメッセージを書くことだけ。
私は完成品が届いたその日に、ポストに投函することができました!

大晦日も元旦も、年末年始は休まず営業中だそうなので、もういいや!と諦めずに申し込んでみては?
忙しい方々の駆け込み需要も多いそうですヨ。
「挨拶状ドットコム 年賀状」さんのWebサイト

スポンサーリンク