ワード・エクセル・パワーポイント Be Cool Users 2007 トリミング
Office・オフィス共通
ワード エクセル パワーポイント Office共通 活用術
HOME     »     Office共通     »     図形     »     画像のトリミング
画像のトリミング
記事内の画像は、Word 2010のものですが、下記ソフトのバージョンで、同じように操作できます。
違いがある場合には、それぞれ個別に表記しています。
Word 2013, 2010, 2007 Excel 2013, 2010, 2007 PowerPoint 2013, 2010, 2007

文書に挿入した写真などで、この部分は余計だな・・・と思ったら、トリミングを使って余分なところを削ることができます。

今回はこのような写真の、右側にある空の部分を削ってみます。

まずはトリミングを行いたい図を選択します。
図を選択すると、リボンに[図ツール]が表示されます。
[図ツール]、[書式]タブの[サイズ]グループにある、[トリミング]ボタンをクリックします。
【Office 2010・2013】
Office 2010・2013での[トリミング]ボタンは、絵柄の部分と[▼]部分の2つに分かれているので、絵柄の部分をクリックします。


写真の隅に、トリミング用の黒い線のハンドルが表示されます。

マウスポインタをこの黒いハンドルのいずれかに合わせると、マウスポインタの形が、下記のような黒い太線の形に変わります。
(形は、マウスを合わせたハンドルの位置によって異なります)
(下記は一例です)
        
このようなマウスポインタの形に変わったら、図の内側に向かってドラッグします。

【Office 2007】
ドラッグした分だけ、図を削ることができます!

【Office 2010・2013】
Office 2010以降では、削られる部分がグレーで表示されるので、どの部分が削られるのか分かりやすくなりました!

あとは[Esc]キーを押すか、[トリミング]ボタンをもう一度クリックしてボタンをOFFにすれば、トリミングモードから通常モードに戻ります。
これで作業完了です!

【Excel 2007】
Excel 2007では、[Esc]キーでボタンはOFFになるものの、黒いハンドルが非表示にならないので、[Esc]キーは使わず、[トリミング]ボタンをクリックでOFFにする方法で作業を終了します。
どの部分をくり抜くか調整

【Office 2010・2013】
Office 2010以降のトリミングは、更に使いやすくなっています!

こんな写真がありました。

先程までの要領で、黒い太線のハンドルをドラッグして、どんな大きさにくり抜きたいかを決めました。

この時、この大きさでくり抜いていいんだけど、くり抜く位置をちょっとずらしたいなぁと思ったとします。

左の図のように、トリミング作業中の写真にマウスポインタを合わせると、マウスポインタが黒い十字の形になります。

ちなみに、左の図では、マウスポインタを写真のカラーの部分に合わせてますが、

このように、グレーの部分にマウスポインタを合わせてもOKです。

マウスポインタが、この黒い十字の形でドラッグすると・・・

写真を動かすことができるので、トリミング枠の中に納まる部分を変えることができます!

今回の例では、最初は上の図のように、青い空と電車の全体像をメインにくり抜く感じでしたが、トリミング枠の中に納まる部分を変えることで、線路(地面)と駅がしっかり入るように調整しています。

この操作をする際、トリミング枠が、写真からはみ出ないように気を付けます。

写真を動かして、トリミング枠の中に納まる部分はこれで良し!と思えたら、[Esc]キーを押すか、[トリミング]ボタンをもう一度クリックしてボタンをOFFにすれば、作業完了です!
縦横比でトリミング
集合写真から顔写真にトリミング
スポンサードリンク
INFO
HOME     »     Office共通     »     図形     »     画像のトリミング
スポンサードリンク
Office 2003以前での操作
Office 2003以前の操作
Office 2003以前での操作方法はコチラ!
画像のトリミング
Office共通 人気ページ
ピックアップ!
Amazon Office本
すぐわかる
Excel&Word 2013
Windows 8/7対応

尾崎裕子 阿部ヒロコ
4048915932
スポンサードリンク
|  リンクについて  |  サイトマップ  |  メール  |

All Right Reserved. Copyright© 2007-, Be Cool Users.