Excel(エクセル)とは

「Excelとは一体何?」という時、実際の人間の生活に例えて考えるといいんじゃないかと思います。
私たちはたくさんの道具を使って生活しています。
食べ物を冷やして保存する「冷蔵庫」という道具、食べ物を温める「電子レンジ」という道具、掃除をする時に使う「掃除機」という道具、などなど。
それぞれの道具には役割があります。
食べ物を温めたいのに「掃除機」を使う人はいませんよね?
そしてそれぞれの道具も、各メーカーさんからいろんな製品が出ています。
Excelとはの操作画像01

パソコンで何かをする時も同じです。
お知らせ、手紙、案内文、パンフレットなどなど、一般的な文書を作りたい場合には「ワープロソフト」という道具を使います。
文書は文書でも、請求書や見積書、もっと身近なところで言うと、家計簿などなど、計算が発生する文書を作りたい場合には「表計算ソフト」という道具を使います。
写真やイラストを加工したい・編集したい、という場合には、「グラフィックソフト」という道具を使います。
先程の電化製品と同じで、パソコンで何かをする時も、それぞれの役割に応じた道具を使い分けるわけです。
そしてこれらの道具も、各メーカーさんからいろんな製品が出ています。
その「表計算ソフト」という道具の中でも、マイクロソフトという会社から出ている製品が「Excel」です。
Excelとはの操作画像02

ちなみにExcelは、計算以外にも、グラフを作成・編集したりするのも得意としていますし、顧客名簿のような大量のデータを扱うのも得意としているので、そういったものを扱う時にもExcelを使います。

Excelとはの操作画像03 そして、同じ製品でも、年月の経過とともに新しい製品が出て、「年式」というのがあるのと同じように、Excelにも「年式」のようなものがあります。
それが「バージョン」です。

基本的な考え方や使い方は同じでも、バージョンによって、機能の改良による操作の違いがあったり、以前のExcelには無いけれど最近のExcelにはある、という機能もあったりするので、自分が使っているExcelのバージョンを知っておくことも大事なことです。
お使いのExcelのバージョンが分からない方は、「Word・Excel・PowerPointのバージョンを確認」で、バージョンの調べ方をご覧いただけます!
Excel 基礎講座からこのページにいらっしゃった方は、あとでバージョンを調べますので、元の「Excel 基礎講座:ステージ1」にお戻りください。)

スポンサーリンク