テーブルに変換

解説記事内の画像はExcel 2007のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007

データベース機能を使うべく入力された範囲を、テーブルに変換する利点は、「テーブルとは」でご紹介しています。
早速今回は、実際にテーブルに変換する方法をご紹介します!

テーブルに変換したい範囲のセルならどれでもいいので、どれか1つを選択します。
テーブルに変換の操作画像1

テーブルに変換の操作画像2 [挿入]タブ、[テーブル]グループの[テーブル]ボタンをクリックします。

テーブルに変換の操作画像3 テーブルに変換する範囲が正しいかを確認し、[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]にチェックを付け、[OK]ボタンをクリックすると・・・

テーブルに変換できました!
先程のダイアログボックスで[先頭行をテーブルの見出しとして使用する]にチェックを付けたので、範囲の先頭行が見出し(項目名)として認識され、フィルタが使えるよう[▼]が表示されているのが分かります。
テーブルに変換の操作画像4

ちなみに、1行おきにセルに色が付きましたが、この色は設定しているテーマによって変わってきますので、必ずしも上図のような色になるとは限りません。
もちろん、後から色使いを変更することもできます。


また、先程の[テーブル]ボタンを使わずに、[ホーム]タブ、[スタイル]グループの[テーブルとして書式設定]ボタンを使えば、
テーブルに変換の操作画像5

好みの色使いを選択しつつ、テーブルに変換することができます!
この色使いの一覧も、設定しているテーマによって変わってきますので、必ずしも下図のような色使いの一覧になるとは限りません。
テーブルに変換の操作画像6


テーブルに変換する前に、セルの色などの書式を設定していた場合、
テーブルに変換の操作画像7

テーブルに変換後も、自分で設定した書式の方が優先されます。
テーブルに変換の操作画像8

スポンサーリンク