行や列の選択

解説記事内の画像はExcel 2010のものですが、操作方法は下記のバージョンで同じです。
  • Excel 2010, 2007, 2003

行や列に対して何か手を加えたい・・・
そんな時に必要になるのが、行や列の選択。
「これからこの行(列)に対して操作を行いますよ〜」ということをExcelに教えてあげる操作です。

行の選択

行を選択するときに使うのが、各行の左端にある「行番号」。
行や列の選択の操作画像01

行や列の選択の操作画像03 選択したい行の行番号にマウスポインタを持っていくと、マウスポインタが左の図のような黒い矢印に変わります。
この黒い矢印の形でクリックすると、

行を選択することができました!
行を選択しているときにイメージとして持っておきたいのが、選択している行中にあるセルを、端から端まで全て選択しているということ。
行や列の選択の操作画像04

Excel初心者の方は、この行単位の選択と、セル単位の選択の違いを意識しながら操作するといいと思います。
例えば下の図のように選択した場合は、5行目をまるっと選択しているのではなく、5行目の一部のセル、A5番地からH5番地までの「セル」を選択しています。
5行目という「行」を選択している上の図と見比べてみると、違いがイメージできますね。
行や列の選択の操作画像05


行や列の選択の操作画像06 今度は複数行を選択してみます。
例えば5行目から7行目を選択したい時には、5行目の行番号にマウスポインタを持っていき、マウスポインタが黒い矢印の形に変わったら、7行目の行番号までドラッグします。

複数行を選択することができました!
行や列の選択の操作画像07

列の選択

列を選択するときに使うのは、各列の上端にある「列番号」。
行や列の選択の操作画像02

行や列の選択の操作画像08 選択したい列の列番号にマウスポインタを持っていくと、マウスポインタが左の図のような黒い矢印に変わります。
この黒い矢印の形でクリックすると、

行や列の選択の操作画像09 列を選択することができました!

Excel初心者の方にイメージとして持っておいて頂きたいのは、先程と同じです。
列の選択は、選択している列中にあるセルを、上から下まで全て選択しているということ。

行や列の選択の操作画像10 例えば左の図のように選択した場合は、C列をまるっと選択しているのではなく、C列の一部のセル、C3番地からC11番地までの「セル」を選択しています。

C列という「列」を選択している上の図と見比べてみると、違いがイメージできます。


行や列の選択の操作画像11 今度は複数列を選択してみます。
例えばB列からD列を選択したい時には、B列の列番号にマウスポインタを持っていき、マウスポインタが黒い矢印の形に変わったら、D列の列番号までドラッグします。

行や列の選択の操作画像12 複数列を選択することができました!

スポンサーリンク